2016 秋のハセツネ グリーン・フェスティバル

Pocket

 

ハセツネグリーンフェスティバル2016 秋

今年も出場することが出来た『日本山岳耐久レース(ハセツネ)』、今回も無事に完走できとなりました。

ハセツネ終了後の翌週の土曜日に開催される『ハセツネグリーンフェスティバル』に今回初めて参加してきました。いわゆる清掃登山です。

朝9時30分、小和田自治会館下の駐車場集合
イメージ 1 
受付を済ませ、プログラムを見ると自分は「植樹班」とのこと。
お知り合いの方に聞くところによると前日に自分の担当箇所がメールで送付されていたらしい、
(自分だけ届いてなかった)
一人バリバリのトレラン衣装で少し浮いていたが目立って良かったかも。
参加者配置一覧を見ると、スタッフや役員等を含めると75人いるが、実際は30~40人ぐらいかな?
過去にポイント制が導入されていたときは最多で約500人集まっていたとのこと、あまり多くても大変らしいので、30~40人ぐらいがちょうどいい人数とのことでした。

 主な活動内容

  • 入山峠コース 会場~入山峠往復
  • 醍醐丸コース 入山峠~和田峠(車移動)
  • 浅間峠コース 和田峠~浅間峠~上川乗(車移動)
  • 笹尾根コース 上川乗~西原峠~仲の平(車移動)
  • 三頭山コース 数馬~月夜見第二ひろ駐車場(車移動)
  • 御前山コース 月夜見第二駐車場~大ダワ(車移動)
  • 大岳山コース 大ダワ~御岳神社~上養沢(車移動)
  • 日の出山コース 上養沢~日の出山~金毘羅神社~会場(車移動)
  • 浅間峠荷下ろし班 ※今回は荷下ろし済のためになしでした。
  • 秋川河川敷清掃班 沢戸橋~あゆみ橋(右岸左岸往復)
  • 檜原街道清掃班 会場~上町交差点~スタートゲート~檜原街道~武蔵五日市駅~阿伎留神社~上町交差点~会場
  • 廣徳寺参道班 会場~廣徳寺参道の掃き掃除~廣徳寺上のダブルトラックにて水切り板整備~会場
  • 植樹班 会場~廣徳寺と御嶽神社の間の南斜面にてモミジの植樹(10本)
  • エイド班 小和田自治会館と会場
  • 遺失物担当 会場
  • 倉庫整理班 ムササビ荘
  • スタッフ輸

持ち物

  • 軍手・昼食・行動食・水・塩・雨具と防寒着送担当 全レースコースとりつき各所

駐車場 大会の時の選手無料駐車場

コースの清掃に行きたかったが、ハセツネ疲れと右くるぶしに痛みがあったので「植樹班」で良かった。レース当日の天候とは違い、とても天気が良く、絶好の山日和でした。
植樹班は、会場に用意されていたスコップ等を持って植樹ポイントへ移動、植樹ポイントへ行くとモミジの苗木と水が置いてあり掘って植えるだけの単純作業でした。
イメージ 2 
イメージ 4 
初めて植樹作業をやりましたが面白かったです。試走などに来たとき、立ち寄って成長
を見ようと思います。
イメージ 3 
植樹班は1時間30分ぐらいで終了し、他の班より早く終わったので倉庫整理班のお手伝いへ行くことになりました。
赤色灯の電池取り出しや計測マットの片付け、看板の片付けや傘の廃棄などを行いました。
イメージ 5 
イメージ 6 
 倉庫整理も終わり会場に戻ると、コース整備班以外の方画家は既に終えられていました。終了後は、みそ汁と飲み物のサービスをいただきました。
イメージ 7 
 イメージ 8 
他の方々のお話しを聞くと、作業はあまり大変ではなく気候もとても良く、いい気分転換になったとのことです。ハセツネに出場された方がやはり多いので、レースの話や過去の話など聞けて楽しかったです。
スタッフの方もとても親切にしていただいてアットホームな感じでした。ハセツネグリーンフェスティバルはハセツネ30Kの1週間後にも行われるので、毎年、春・秋の2回開催されます。
普段は選手として走っているばかりなので、スタッフの方々や大会の準備・備品、大会運営の大変さなど、少しは学べて良かったと思います。今後も何か予定がない限りはまた参加してみようと思います。
イメージ 9 
 失物コーナー、みなさん意外と落とされてるものが多かったです。問い合わせするよりも直に確認できますよ!
イメージ 10 犬も作業を見守ってくれてました。



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です