もうすぐ第10回ハセツネ30Kエントリー日です。

Pocket

今週はハセツネ30Kのエントリー日 

すっかり忘れていましたが、今週は『第10回 ハセツネ30K』のエントリーがあります。

f:id:w-click:20180129230443j:plain

ハセツネ(長谷川恒男)カップ 日本山岳耐久レース オフィシャルサイト 

エントリー日が2月1日(木)午前10時なのですが、その日はバリバリ仕事中、エントリー出来るか心配です。

目次

 

コース概要 

ハセツネホームページより引用

f:id:w-click:20180129234047j:plain

f:id:w-click:20180129234334j:plain

行程図を見ると意外にアップダウンが激しいコース、

累積獲得標高1700mぐらいだったと思います。

 

ハセツネ30Kを少し振り返る 

f:id:w-click:20180129232950j:plain

 第8回のハセツネ30Kのものです。 

ハセツネ30Kを初めて出場したときは第5回の時だったので、出場出来れば今年で5年連続5回目の出場になります。

当時は現在のコースとは違い、採石場を通ったり、刈寄山に登ったり、いまのコースの逆走でした。

4年前に現在のコースになってからコース変更はなく今に至ります、昨年はコース場に落石と積雪でコースが半分の17kmで終了となりました。

 

今年はエントリーを見直そうか検討中でしたが… 

f:id:w-click:20180130001400j:plain

同じレースを毎年出場していると、さすがにマンネリしはじめているので、今年は同日に開催されている青梅高水トレイルレースに出場しようかなと思いましたが、

周囲からの「当然、今年も出場するんでしょ?」のお言葉をいただき、今年もハセツネ30Kを頑張らせていただこうと思います。

 

ハセツネ30Kの問題点

f:id:w-click:20180130003706j:plain 

まずエントリー費1万円は高いです、5年前は5~6000円ぐらいだった気がする…、

途中にエイドも無いし、完走賞ののらぼう菜Tシャツもそんなに費用が掛かってるような気もしないのだけど、どうなんだろう?

参加人数もあきらかに多すぎて許容範囲を越えている、毎年、北沢峠手前の登山口で渋滞が起きてクレームが多発しているし、もう少しなんとかならないかと思います。

 

先週のこと 

先週、五日市の山でトレーニングをしているときに、5~6人のハイカーさんとお話をしましたが、

「今年はいつ(ハセツネ30K)開催されるの?」

「いつも春先の山を楽しみにくるとハセツネ30Kに鉢合わせする」

とおっしゃっていました。

「今年は4月1日開催で青梅(高水山)も同じ日にトレランレースが開催されるので注意してくださいね」と返答すると、

「ありがとう、その日は奥多摩は避けることにするよ、兄ちゃん頑張れ!」

と言っていただけました。

ハイカーの方々からも応援をいただいたので、2月1日(木)のエントリー頑張ります。

エントリー失敗したら6月1日の秋のハセツネ本戦一発クリック合戦頑張りたいと思います。 

山岳超初心者がハセツネを完走できた非常識な方法

山岳超初心者がハセツネを完走できた非常識な方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です