ハセツネ30K試走(3回目)途中で撤退

おすすめ記事

Pocket

ハセツネ30K試走(3回目)

他に行きたい山はあるのだが、3週間お山練習が出来なかったので現状確認しにハセツネ30Kの試走に行ってきました。

今回で3回目の試走です、既に飽きているが仕方なし、

ちゃんとスタート地点のリバーディオから走ります。

今日の目的は現状の走力確認なので、そんなに頑張らない予定…だった。

檜原街道でペース確認をすると、平均ペース4分55秒、やや遅いペースのなのに息切れが気になる、

盆堀林道でペース調整するも、気持ちが入れ込んでしまって上手くいかず、冷静にならないとね、

今日はザック、シューズ、水1.5L、補給食を担いでレース本番さながらで走りました、しかしザックが異様に重く感じる、ちょっと再考が必要かな、

北沢峠手前の登山道までゼーハー言いながら走り切る、タイムは53分台、もう少し早いと思ったけど微妙なタイムにがっかり…、

既に試合終了な感じでフラつきながら登る、

登りの板が設置完了、少し進むと倒木が行く手を阻んでました、しかも杉の木だよ、一気に花粉症復活です。

歩きながら呼吸と心拍を整えるもなかなか収まらない、トッキリ場を越えたところでお腹が刺したような痛みと、吐き気が出始める、

「気のせいだろう」と思いながら進むも、峰見通り3枚目の登りで再び腹が痛くなったのでやめる、そして撤退…、

全部試走しようと思ったが、無理しないのが重要、来週本番だしね、

しかし、このコースは過去何十回も通っているところなのでさすがに飽きた、今年3回目だし、本番も同じ症状が出たらどうしよう?

少しトッキリ場周辺を散策して武蔵五日市まで戻る、

入山峠で全試走した若者たちに遭遇したので、雪の状況を聞くと「雪はないが路面がスリッピーになっている」とのこと、

雪より昨日の雨が凄かった感じかな?来週の気温上昇で路面は乾くと思います。

ダラダラ走ってと武蔵五日市に戻っていたら、今熊山山頂で裏山ファイブ御一行様に遭遇する。

東京裏山ベース総帥・ジンケンさんがいらっしゃいました、

談笑しながら一緒に下らせてもらいました、東京裏山ベース主催の「武蔵五日市裏山ファイブ ガイド付き走行会」を初めて拝見させてもらいましたが、

各ポイントで名所説明やコースのアドバイスをされており、参加者みなさんにとても丁寧な対応をされておりました。

今回の裏山ファイブの参加者は9人とのこと、みなさん楽しそうでした。

裏山ファイブ御一行さまはこれから4山目の網代城山、5山目の琴平神社を目指すので、自分は途中で離脱しました。

みなさん見送っていただきありがとうございました!

武蔵五日市名産『のらぼう菜』、ただいま至るところの民家直営路上販売にて100円で購入出来ます!

のらぼう菜は簡単に言うと、小松菜?ほうれん草?みたいな葉物の野菜です。

来週、開催されるハセツネ30Kで完走賞としてもらえます、意地でも完走してゲットしましょう!

 

まとめ

本日は途中で撤退し少しヘコみましたが、今熊山でたくさんのトレイルランナーの方々とお会いし、お話が出来てとても楽しかったです。

よくよく考えれば来週本番なので無理しなくて良かったかなと、ポジティブに考えれば良しですね!

今日、走った感じではまだ足はロードモードなので、山モードに切り替えられてない感じですね、あと1週間…、なんとかなるかなぁ

 

★のらぼう菜なレシピ本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です