2018年 第10回ハセツネ30K レースレポ

おすすめ記事

Pocket

スタートまで

5年連続5回目の出場になる「ハセツネ30K」、

前日のフェスで大はしゃぎしまくったのと、

TRAIL OPEN AIR DEMO 4 & ハセツネトレランギア・フェス2018 レポ

https://kayaributa-running.com/2018/04/01/toad4_hasetsunetraigearfes2018/

2月~3月はお山トレーニングをほぼしなかったので筋力低下による苦戦は必至、そして苦手な暑さ、スタート前からモチベーションがだだ下がり状態で会場入りする。

※ 帰宅後、レース会場などの写真を1枚も撮影していなかったことが発覚しました、既存の写真で編集しますので宜しくお願いします。

会場入りするとお知り合いのヘンタイランナー達にお会いし挨拶回り、お知り合いほぼ全員が『絶不調中』とのお言葉(自分も含む)、

みんなで『最低1000位以内、頑張って4時間切り目指す!』で意見が一致、

荷物預けて、おにぎり食べて、スタートラインに並びました。

 

スタート~北沢峠手前登山道

マイペースでスタートする、

周囲はガーっとすっ飛ばして行ってしまう人達が多い、

凄いなぁ、自分はスタートしていきなり猛ダッシュ出来ないよ、

檜原街道で既に息切れ、ペース確認すると4分30秒ほど、周囲に飲まれてる気もしないが、それにしても息切れが激しい、周囲の選手は絶好調みたいでガンガン走っているのに一人だけペースを落とす、情けなし…。

盆堀林道突入、相変わらず抜かされまくるが気にしない、ボケーっとしながらたんたんと走る、砕石場あたりからようやく体が動くようになってくる、ようやくアップ終了!

斜度がきつくなってくるところからさらにペースを落とし、体力と筋肉を消費しないように登る、ザックの水1.5Lが重いのでガンガン飲んで減らす(真似しちゃダメですよ!)

登山道まで残り500mぐらいのところでさらにペースを落とし息を整える、先週、走り切ったらフラフラだったので、今回はその予防のためです。

 

北沢峠手前登山道~篠窪峠(第1関門)

スタート~登山道入口到着まで49分台

もうちょっとタイム出るかと思ったが、余裕残しているので50分切っていればOKかな?

先週、ぶっ倒れていたスギの木は見事に撤去されていました、ハセツネ運営スタッフの方々ありがとうございます。

登りきったところからトッキリ場手前の登りまで走れるけど、周囲の選手に合わせて進む、なんかフラついている人が多いような…、

峰見通りではやはり登りのパワーが出ず、下りもダメ、しかもすぐに息が上がる状態、

「今日はトレイルがダメだろう」

との予想が見事に的中、元気な後方選手が追い付いてきたら「どーぞ、どーぞ」と率先して道を譲る、

去り際に「頑張ってね!」のオマケつきです。

知り合いのトレイルランナーの方々も追いついてきて、

「大丈夫?」

と心配される、

もともとダメな状態なのはわかり切っているので、無理にペースを上げたり、追い越したりせず体に負荷を掛けないようにマイペースで進む、

周囲の選手は相変わらずペースあげたり、無理に追い越してくる選手もいるが、市道山分岐を越えたあたりから、走り方がおかしくなってきている人(足が攣りだした?)や、休んでいる人を見るようになる。

スタート直前におにぎりを食べたにも関わらず、市道山分岐手前の開けたところから、腹が減ってきたのでVESPA ハイパーを食す、

少し進むとエネルギーが復活してくることを実感、やはり「VESPA」効果ありです。

なんとかヒーヒー言いながら「日本山岳耐久レース 15km地点」に到着、

ここから第一関門のある篠窪峠まで下るだけ、しかし、ここからの下りもかなりの急降下で少し危険です、筋力が低下しているので足を使わないようにゆっくり下る。

下っているとき少しだけ前が詰まりだす、なんだろう?同じように足が限界の人が多いのかな???

 

篠窪峠(第1関門)~入山峠(第2関門)

第1関門 2時間1分ほど、

トレイル入口から篠窪峠まで1時間12分、やはりいつもより頑張れていない感じ、体力も足も余力がなくなってくる、あと残り半分、しんどいっす…。

ここから関場分岐まで長いロードの下り(約6kmぐらい?)、初めはキロ4分ジャストぐらいで下っていたけど、途中でダレる、民家が現れてくるにつれて少しづつ気温が上がり、さらに速度が落ちる。

いつも試走時に応援してくれるご年配の方から、

水、飲んでけ!」

と言われるが、レギレーション違反になるので断念、いつも応援ありがとうございます!

関場分岐からの登り返し、筋肉をローギアに切り替えてゆっくり走りながら登る、

周囲を見ると歩いて人がかなりいる、

同時に関場分岐に着いた若者2人に、

「行くぞ!」

と促すも、

「ダメっす!」

と拒否される。

遠くに見える桜や新芽を見ながら登る、

登りの中盤~終盤に差し掛かるところで少し崖崩れが起きている箇所があった、

2年連続で崖崩れが起きていた場所は、現在しっかり補修されているが、

新しい箇所は、今後ダイナミックな崖崩れが起きそうな予感がする。

(再びハセツネ17Kになるかも)

余裕で登ってそうに思えると思いますが、

最後の方はかなりヒーヒー言いながら登りました、

急登手前から日陰がなく直射日光をもろに浴びたので、かなり体力が奪われた感じです。

ここからトッキリ場巻き道まで急登が続きます。

山の修行をサボりまくっていたので、やはり登り(特に急登)はタイムと体力を大幅に落とすほどの遅々たる歩みです。

しかし、意外にここの急登で抜かされなかった、逆に5人ぐらい抜く、みなさんもおツライようです。

ヒーヒーを越えてゼェーゼェー言いながら、なんとかトッキリ場巻き道までたどり着く、

ここでほぼ全体力は終了しました。

ここからは気力だけでゴールを目指します、2年前はここから入山峠までノンストップで走り続けたが、今回はそんな体力はゼロ、登り返しも当然のごとく歩いて登る。

入山峠まで遠い…。

 

入山峠(第2関門)~ゴール

ようやく入山峠に到着、よく覚えていないけど2時間55分ぐらい?だったかな、

そう言えば今年は『途中で順位を教えてくれる人』が一人もいなかったです。

いつも篠窪峠入山峠手前今熊山に誰かいるのに今年は一人もいなかった…、ちょっと悲しい。

入山峠から下り基調が徐々に始まるけど、たまにある登り返しが非常につらい、一人だけ元気一杯の若者がスパートして抜かしてきたが、「日本山岳耐久レース 5km地点」で足全体が攣ったらしく悶絶していた。

今熊山まで気力でなんとか走っていたけれど、今熊山山頂手前の階段でついに歩いて登ってしまう、無念。

今熊山の下りも過去最悪のペースで下る、地味にある登り返しが大変、ここまでしっかり体力が残っていればスパートかけて3時間30分は切れそうだったが、今回は全くダメでした。

変電所に辿り着くと再びの直射日光にやられ、変電所過ぎの最後の微妙な登り返し(ラスボス)でも歩く、ここは走って登らないとねぇ…、

最後の登り返しを終えてあとは平坦と下りだけ、広徳寺からのロードもジョグペースで必死に走って、ヘロヘロでゴールしました。

 

反省

今回は守りの走りを徹底的に厳守したおかげで、足が攣ることもなく無事に完走することができました。

予定では3時間15分ぐらいを目指す予定でしたが、ロードに夢中になってしまい、山練習をサボってしまったのが痛かったです。

しかし、ケガも故障もなく無事にゴール出来ただけでも良かったかなと思います。

今回のハセツネ30Kは脱水暑さに苦しんだ方が多かったみたいですが、自分はそれほど2つの苦しみはありませんでした。

(昨年の外秩父の灼熱に比べれば全然マシ!)

優先エントリー権獲得出来たので、5回目の日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に向けて頑張ります。

 

★まずはネガティブ思考からポジティブ思考に変えるところから始めますか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です