トレニックワールドin彩の国2018試走【North Stage】

Pocket

トレニックワールドin彩の国

来月に開催される「トレニックワールド in 彩の国 100km&100mile」、

【公式】トレニックワールドホームページ ⇒ http://trainic-world.org/

昨日はその試走にNorth stageの全試走に行ってきました。

今回で3回目の開催になるこの大会、

第1回大会での100mileの完走者ゼロ

昨年の第2回はUTMF開催されなかった為か200名ぐらいの参加、強者ランナーの参戦もありましたが完走者はたったの15名だけという、かなり完走が厳しい大会です。

自分は第1回、第2回とも100mileに参加しました、

第1回は制限時間がとても厳しくオーバーペース気味に終始走ってしまい、途中で撃沈して70kmぐらいで関門アウト、

第2回は準備不足と途中で熱中症気味になってしまい、110km地点で関門アウトになり終了という結果でした。

2戦2敗、正直、100km越えのレースは自分に合っていない感じはしますが、一度足を踏み入れてしまった大会なので3度目の正直で今回も頑張ります!(2度あることは3度あるか?)

過去2回参加しているのでルートはすっかり暗記済み、地図は必要なし!

コースは去年とほぼ変わりませんが、若干変更されてる部分もあるのでルート確認兼ねた試走しに行ってきました。

 

ニューサンピア越生

ゆるゆるとスタート地点の「ニューサンピア越生」を出発する、寒い気候かと思いきや、山に入ったら蒸し暑く、着てきたmont-bell EXライト ウィンドバイカーを即脱ぐ、しかも長袖なんて着て来てしまった。

第1エイドがある「くぬぎ村交流館」まで2時間ジャストぐらい、登りは歩いたり、平坦はゆっくり走って2時間ではOKじゃない?

 

続いて第2エイドのある「慈光寺」へ向かう、

新柵山を越えて、西平運動場に降りて、慈光寺の坂を登るルートになります。

 

慈光寺

ここは坂東第9番札所のお寺です、訪れた時はかなりの参拝者がいました。
なんでも今日は御開帳とのことでした。

実はトレランにハマる前は寺社仏閣の歴史・風習・文化に興味を持ち、日本全国いろいろ旅をしていた時期がありました。

その時に坂東三十三観音巡りも結願しております、トレランに本腰を入れるようになってからはあまり寺社仏閣巡りに行かなくなりましたが、

いまはトレランを通じて各地の山岳信仰に興味を持って勉強している最中です。

「トレラン+寺社仏閣の知識」意外に相性良くて面白いんですよ、トレランレースとか意外に有名な寺社仏閣がコース上を通ったりします。

帰宅後、4月8日を調べたら『花祭り=釈迦の降誕を祝して行う法会』だったみたいです、そりゃ混みますわ!久しぶりに甘茶頂きたかったなぁ、

慈光寺を過ぎて都幾山~金獄まで順調に進み、少し進んだ所からコース変更箇所になります、

 

笠山(新コース)

前回大会で栗山林道のロードで熱中症者が続出したので、今回は林道を避けてトレイルへ入るルートを選択したのだとと思いますが、新ルートがなかなかキツイ!

作業道っぽいのですが、徐々に斜度が上がってくるので地味にキツイし、体力が削られます、(私的に)栗山林道を普通に登らせてほうが全然楽です(やりやがった)。

ヒーヒーいいながら栗山公衆トイレまでなんとか到着する、しばし休憩してから大ボス・笠山へ登ります。

初めの登りの斜度はまあ良いが、最後の方の急登はガチでキツイ、標高837mしかないのに大変ですよ、

笠山山頂でちょうど正午だったので昼休憩されているハイカーさんが多かったです、ハイカーさん達としばし談笑していたら、ハイカーの方々からなんと麩菓子チョコ×2個戴きました、ありがとうございます!

(ありがた過ぎて食べれませんでした)

 

堂平山~ゴール

ここから堂平山へ登り返し山頂で昼飯を食べて、その後、奥武蔵グリーンライン沿いの山々を縦走します。

白石峠~大野峠~カバ岳~刈場坂峠~ツツジ山~ブナ峠~飯盛山~飯盛峠を経て、スタート地点のニューサンピア越生に帰還しました。

かなりゆっくりペースで周って昼飯も食べて9時間切れたのでタイムはまあまあ良かったのですが、100mile中3分の1しかまだ走り終わってません、残り110kmありますが現状ではここでリタイアです。

高低図です。これでまだ全体の3分の1です。

NorthよりSouthの方が距離も累積標高も多く厳しいコースなんですよね…、しかもSouthは2周しなければなりません(遠い目)、

とりあえず本番までに悪あがき頑張ります!

★本日の補給食

★初めて彩の国を試走される方は、必ず公式マップと山地図を持参しましょう!(エスケープルートがわかります)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です