トレニックワールドin彩の国2018試走【South Stage編・前半】

おすすめ記事

Pocket

トレニックワールドin彩の国2018試走【South Stage編 前半】

開催まで残り1カ月となりました『トレニックワールドin彩の国』、

強烈すぎる奥武蔵の低山アップダウンにやられ、

過去2回とも途中関門アウトで完走ならず。

トレニックワールドin彩の国100mileはNorthコース1周(約50km)・Southコース2周(約55km×2周))で100mile走ることになります。

ITRAより、文句なしの6ポイント!

2017年の全高低図よりアップダウンの激しさが奥武蔵の過酷さを物語っています、累積獲得標高9,670mだと、もっとあるように思えるのだが…。

 

 

 

参考にUTMF2018を載せて比べてみる、

  • UTMF=168km、累積標高8,100m、制限時間46時間
  • 彩の国=162km、累積標高9,190m、制限時間35時間(2018年大会概要より)

….。

(UTMFを走りたいぜ!)

UTMFもガーミンで累積標高を記録すれば彩の国と同じぐらいでしょう!(たぶん)

とにかく走れる所が少ないのに制限時間が短い『彩の国』、来月、3回目の挑戦頑張ります!

 

朝から既に暑い!

2週間前はNorthコースを試走したので、今回はSouthコースへ試走に行きました。

・トレニックワールドin彩の国2018試走【North Stage編】 

https://kayaributa-running.com/2018/04/08/sainokuni2018sisou_north_stage/

 

ニューサンピア越生~関八州見晴らし台

朝7時、スタート地点のニューサンピア越生を出発する、この日は気温が30℃近くまで上昇するとのこと、既に暑い!

昨年のルートを辿り、五大尊つつじ公園~大高取山~桂木観音と進んで行く、桂木観音まで約1時間、早いんだか遅いんだかよくわからん、

桂木観音からロードまではゆるやかな下り、途中にある岩+苔で覆われている滑ると危険ルートは上手い具合に回避してありました。

ロードまで下りて黒山三滝方面へ進む、まだ9時前だけどやはりロードは暑い、正午過ぎたらどうなるんだろうと少し心配、

最後はやや急斜面になるロードを登って、関八州見晴らし台まで登山口である四寸道に到着、

去年の冬に四寸道の一部分が崩落し迂回ルートに変更とのアナウンスあり、かなり迂回するかと思ったら、そうでもなかった。

てっきり越生駒ケ岳登らされるかと思ってました!

だらだらと長い登りを進む、途中でカモシカが3頭飛び出してくる!

奥武蔵みたいな低山でもいるんですね、少し驚きました。

関八州見晴らし台に到着!

南コースの最高峰ですが標高は約800mと低い、それなのに南コースを全部回ると累積標高約3,450mあります。

南コースはいかに登って下らせるが多いのかということです!

ここから高山不動尊まで下ります。

 

高山不動尊~竹寺

この写真は秋に撮影したものです、昨日訪れたときは改修中でした。

高山不動尊は国指定重要文化財です、ここらへんではかなり有名な部類に入る不動尊なんですよ!

ちょっと休憩して西吾野駅方面へ下る、

ここから去年、一昨年とコースが変更されるみたいなので、少しは楽になるかと思ったら、さらに過激さを盛りやがりました!

トレニックワールドのコースは、厳しさは増すが楽にすることはない!

すっかり忘れていたこの言葉、これぞトレニックワールドですね!

去年まではすんなり下れたコースを廃止し、微妙にアップダウンを繰り返すコースに変更、

最後は西吾野駅のホーム下を潜らせて国道299号に到着、

ここから道路を横断して子の権現まで登り返しです。

子の権現への序盤の登りは、いつもエネルギーをかなり消費させるのですが、今回はあまり消費はしなかったです、久々に作成したオリジナル粉飴水が効いているのかな?

しかし、暑い、粉飴水と一緒に持参した塩熱サプリも一緒に摂取しました、暑いときのミネラル摂取にはちょうど良いです。

急登に次ぐ急登を登り、ようやく子の権現に到着です。

ここでも少し休憩、自販機でペプシコーラを飲む、暑くなってきたので物凄く美味かったです。

暑いときにキンキンに冷えたコーラは最高です、生き返りました。

ここから竹寺へ下ります、途中きつめの登り返しがありますが、走り続けられるポイントです。

Fun Trails 100では逆から登って来たことを思い出す、ここの登りからヘリコプターの音とパトカーのサイレン音がずっと聞こえていて、レースに何か起きたなと感づいた場所です。

竹寺到着、写真無しです。

竹寺子の権現神仏習合の珍しい神社&寺なんです、語ると長くなるので割愛します!

 

竹寺~飯能アルプス(前坂)

竹寺からひと山越ふた山越えて、お久しぶりの飯能アルプスに登り返す、毎回なんで一端稜線に降ろさせるのか?そのまま子の権現から東吾野駅まででいいじゃん!と思う。

飯能アルプスの分岐点『前坂』、

東は大高山・天覚山方面、西は子の権現、北は吾野駅、南は竹寺・飛村集落方面です。

第1回彩の国ではここで疲れ切ってしまって15分爆睡した思い出の場所です、確か真夜中+大雨で寒かったなぁ…。

今回はここまで

一気に書こうと思いましたが、まだまだ長くなるので本日はここで一端区切りたいと思います。

昨日の疲れがズッシリとまだあるので眠くてたまりません、なので明日続きを書こうと思います、

本日は一日眠いは腹はすぐに減るはでエネルギー不足を凄く感じました。

★絶賛、疲労回復中です!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です