UTMFの余韻

おすすめ記事

Pocket

UTMF効果

いまだにUTMF祭り中

UTMFが終了して3日経過したのにも関わらず、Face BookのタイムラインはいまだにUTMF関連の記事ばかりです。

  • 1年半ぶりに復活したUTMF、
  • 日本最大級のトレランレースであるUTMF、
  • トレラン始めた人が「いつかは走ってみたい」と思い、目標レースに位置づけられるUTMF、

まだまだたくさんありますが、UTMFにはそんな魅力があり、妙に惹きつけられてしまう中毒性のある大会だと思います。

今回レースが終わり、みなさんのFace Book、Twitter、ブログなどなど拝見すると、それぞれのUTMFを楽しめたのだと感じさせられました。

やはりUTMFは”トレランの祭典=トレランフェスティバル”なんですね!

 

燃え始めている人達

UTMFが終わると、毎回多く語られるお言葉は、

次回、出場したい!』ですね、

今回、出場した選手&出場してない人からも、みなさん同じお言葉で溢れかえっています。

うん、わかる、

一度ぐらいは出場してみたいですよね!

自分はスタート~A2 麓までで約12時間ぐらいしかUTMFにはおりませんでしたが、

非常に盛り上がっていましたし、

出場していた選手一人一人の顔が凄く充実しておりました。

そりゃ、端っこで見ていれば出場してみたくもなりますよ…

 

UTMF / STYの参加基準

  • UTMF = 最大3レースで12ポイント以上
  • STY    = 最大2レースで5ポイント以上

第2回の参加基準から随分と跳ね上がったもんですね、

昔は100kmレース1回または70kmレース×2回がUTMFの参加基準だったんですけどね(2レースで)、

ちなみにUTMF第1回大会のエントリーはクリック合戦だったというお話です。

やはり過酷なレースなので、現在の基準ぐらいはあった方が良いなと思っています。

昔に比べてUTMFの参加基準はエントリーしにくくなりましたが、STYはまだ参加しやすくなっているのかなと思います。

 

ポイント獲得レース

自分の場合、来年のエントリー時には2015年に参加した「おんたけ100km」の5ポイントが消滅してしまうので、

現状12ポイントぎりぎりで「なんとか来年もエントリー出来るかな?」という状態です。

最近はポイント獲得の為のレースには出場しなくなっているので、UTMFのエントリー基準が上がれば出場出来なくなると思います。

う~ん、だけど面白そうなレースがないんですよね、

ポイントの為にレースを走りたくねぇし、今後のUTMFのエントリーは厳しくなりそうな予感がしております。

基準が上がってUTMFに出場出来なくなっても、それはそれで仕方ないと思っています、

でもね、1回ぐらいは出場してみたいな、

DVDを見ると、やはりUTMFは華がありますね!

 

★UTMF歴代DVD「見すぎると出場したくなってくるので注意です!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です