カビ・汚れまくったハイドレーションを大掃除してみました!

Pocket

山での水分補給の必須装備(でもないか)といえば、

ハイドレーション

袋に水を入れて収納しコードから水をチューチュー吸う代物です。

ボトルに比べると収納しっぱなしで楽ですし、好きなときに飲めるのがメリットです。

(残量がわかりにくいとか、レースでは積み過ぎて重くなってしまうというデメリットはあります)

 

カビる!

そんな便利なハイドレーションなのですが、

自分はかなりのめんどくさがりの性格なので、掃除が面倒だったり、ホースが体に当たったりして、

最近はあまり使用する機会が無くなってきています。いまはボトルばかり使用中。

ハセツネみたいなガチレースでは、ボトル使用だと余計なロスが生じるのでハイドレーションを使うのですが、

過去2回のハセツネでは補給を兼ねてハイドレーションにスポーツドリンクを入れて使用しました。

 

ハイドレーションに糖類の飲み物を入れるとカビる

これ鉄則です。

 

スポーツドリンク混入後は、よーく洗浄しないとすぐにカビが発生してしまうので注意が必要です、

よく洗浄していたのですが、やはり過去2回のスポーツドリンク混入のダメージは大きく、徐々にハイドレーションがカビ始めてきました、そして封印…

※やばすぎて写真割愛!

 

ボトル派に変更

すっかりカビてしまったハイドレーションを使用する気にはなれず、最近ではすっかりボトル使用となりました。

エイドがしっかりあるレースであればボトルで十分、

補給も容易に出来るし、次のエイドまでの軽量化も図れるし、ハセツネ意外では使用することがすっかり無くなりました。

ハセツネは格安ハイドレーションを購入して使用しています。

やや使いにくいですが1Lを購入して使用しています。自分には十分のスペックです。

 

ようやくハイドレーションお掃除キットを購入

実はいままでハイドレーション用の掃除用具購入していなかったんです、

自分で掃除の仕方情報を入手して、色んな道具・工夫をして掃除をしていました。

こんな情報集めたり、

このブログを書いたあとに密林で「ハイドレーション 掃除」を検索してみたら意外に安かったので即購入しました!

 

ハイドレーション掃除(本格的に)開始!

いきなりハイドレーションクリーニングキットを使用するよりも、まずは従来通りのやり方で細かいカビ・汚れを除去することにしました。

自宅の洗面所にてハイドレーションとソフトフラスク×2個を水に沈める。

 

カビ・汚れを除去すると言えば重曹の出番です、今回もご活躍のほど宜しくお願い致します!

 

重曹に漬けることたっぷり2時間、完全にとはいきませんが長年使用していなかった汚れがかなり落ちました。

乾いた布でよく拭いて、風通しの良いところで天日干しをする。

すっかり水気が取れたところでいよいよ購入した『ハイドレーションクリーニングキット』を開封!

  • ハイドレーション用ハンガー 1つ
  • 大ブラシ 1本
  • 小ブラシ 1本
  • ホース用ブラシ 1本

異常の4つの商品が梱包されていました。

さっそく使用してみたところ非常にカビ・汚れを落としてくれました

何故。いままで購入しなかったのか?

こういう商品はさっさと購入した方が良いですね、さっさと購入すれば良かったよ!

いろいろこびり付いたカビ・汚れをあっさり落とせました。

特にホース用ブラシ、こいつはスゲーよ!

一番掃除に難儀していたホースのカビがあれよあれよと除去できました、長い時間かけて苦労したのに一瞬でおわるとは…

というわけで、ハイドレーションクリーニングキットのおかげで、

ずっと封印していたハイドレーションも再び日の目を見る日が近づいてきました。

(もう1回重曹漬けをする予定)

 

カビを発生させない為に

最後はハイドレーションを細かく分解して、お菓子などに入っている乾燥材をフリーザパック(大サイズ)に入れて、冷凍庫に保管です。

※冷凍庫に入れておくとカビの発生を防げます!

一応、真空パック状態にして保管しておきます、ここまでやっておけば大丈夫でしょう!

彩の国では使用予定ではないのでしばらくは冷凍保管になります。

また、宜しくね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です