【FunTrails】第4回FTR100K&50K開催と変更点について書いてみました。

Pocket

第4回FunTrails 100K Round 秩父&奥武蔵 / FunTrails 50K Two lakes & Greenline

 

2018年度の「Fun Trails 100K&50K」の開催決定が、

6月12日(火)昼頃に発表されました。

以下、2018年大会の概要を引用しました。

開催日:2018年11月17日 (土) ~ 2018年11月18日 (日)

開催地:埼玉県(秩父市、飯能市)

エントリー開始が6月18日(月)21:00~8月31日23:59まで

大会公式サイト ⇒ http://fun-trails.com/race/2018/100k/

 

昨年、悲しい事故が発生し、

レースは途中で中断にて終わってしまいました。

今年度の開催は見送りだと自己判断していたのでしたが、

まさかの開催決定に驚きました。

いろいろと開催に向けて苦労されたことだと思います、

それらを乗り越えての開催に敬服いたします。

 

前回大会との変更点

前回大会のプログラムを見ながら今大会との変更点を見比べてみました、

ほとんどの部分は以前と同じですが、

以下の2点だけ大きな変更がありました。

  1. 100km【FTR100】の選手受付は大会前日のみとなり大会当日の選手受付なし
  2. 序盤のコースが一部変更

 

1. 100kmの選手受付は大会前日のみとなり大会当日の選手受付なし

今回この変更が自分としてはかなり痛手になりました、

自分が今大会のFTR100のエントリーを見送った決め手の部分です。

100Kの当日受付廃止ということは、

大会前日の金曜日を休まなければならないということになります。

正直、この時期に金曜日に休められるかは微妙なところ、

例年では高確率で忙しいので、

今年の出場は諦めました。

家から秩父会場まで車で約2時間以内の場所に住んでいる者としては、

当日受付は非常にありがたかったです。

当日受付を廃止にした理由を自分なりに推測すると、

前日しっかり就寝させ体調管理バッチリな状態でレースに挑ませる配慮

なのかなと思います。

 

昨年の自分は金曜の仕事を終えて、

22時頃自宅を出発し、

午前0時に秩父会場の駐車場に到着してそのまま車中で就寝しました。

午前3時の当日受付の為に午前2時50分頃起床、

受付を済ませ再び就寝することなく、

午前5時のスタートを迎えてレースに挑みました、

しかしスタート前からずーっと眠くてたまりませんでした。

 

昨年の事故現場も当然眠い状態で進み、

ようやく目が覚めてきたのは、

34.8km地点のA3名栗エイド、

完全な睡眠不足と早朝スタートで序盤は完全にダメダメでした。

 

やはりしっかり睡眠をとって、

レースに望まないとダメですね!(自分の場合)

 

2.序盤のルートが一部変更

【FunTrails100K Round 秩父&奥武蔵/FunTrails 50K Two lakes&Greenline】

Face Bookより引用

100Kに関しては、

地元秩父山岳連盟からの武甲山を迂回して欲しいという要望を共に検討した結果、

一部コースに変更があります。

秩父側については武甲山を迂回し

《横瀬~6番峠ハイキングコース~芦ヶ久保~二子山~焼山~武川岳~妻坂峠~横倉山~ウノタワ》

となります。

 

前回大会は、

《秩父~羊山公園~浦山口~28番橋立堂~長者屋敷ノ頭~武甲山~シラジクボ~子持山~大持山~ウノタワ》

というルートでした。

(画像は昨年の100K序盤ルートです)

 

今回は武甲山を回避して、

6番峠ハイキングコースから少し登って芦ヶ久保に下りて、

そこから焼山、武川岳、妻坂峠、横倉山、ウノタワを経由して前回のルートに合流でいいのかな?

山と高原地図(奥武蔵・秩父)を見る限りでは、

しっかりとした登山道みたいです。

山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山 (山と高原地図 22)

 

しかし、見た感じでは前回よりもかなりアップダウンが多くなっていそうです、

6番峠ハイキングコース登って芦ヶ久保に下りて、

二子山に登り返して武川岳~妻坂峠を縦走して、

妻坂峠から大持山方面には行かずに山中方面へ一度下りて、

再びウノタワまで登り返す、

アップダウンかなりありそうな予感…。

(武甲山からずっと縦走して行った方がまだ楽だったかも、危険だけど)

前回コース(青)と今回のコース(赤)を推測でマーキングしてみました。

見た感じ距離はさほど変わらないか?

新ルート(仮)、意外に林道が多いかも?

 

今回の変更にあたって気になるところは、

 

  • 距離と累積獲得標高がどれほど変わるのか?
  • その他に変更ルートは存在するのか?
  • 第一エイドの場所は芦ヶ久保?

 

この上記の部分が気になっています。

※ 後々、ホームページやSNSで発表されてくると思います。

 

 

FTR100Kはあとひと息

6/20(水)時点でFTR100Kはあとひと息で定員になるとのことです。

6/22(金)現在ではまだエントリー可能なので、

出場を考えている方、

最後の一人になるかもですよ!

FT50は絶賛受付中とのことです。

 

 

まとめ

今回のFun Trails 100K&50K

「昨年のレースの続き」と「新コースの強度がどれくらいなのか」が、

気になるところではありますが、

やはり前日受付のみ朝5時スタートは自分としては条件が厳しいので、

今回は参戦回避かなと思います。たぶん。

 

以下、自分の戯言(ざれごと)です。

 

自分が勝手に思っていることなのですが、

制限時間33時間はちょっと長すぎなのかなと思います。

参加者全員がゴール出来やすいように長めの設定していると思いますが、

制限時間30時間ぐらいにして、

当日受付ありの朝7時~8時スタートにしていただけるとありがたいんですけどね、

FTRのコースは前半の強度がかなり強めで、

後半は走れるポイントも多いので、

しっかりトレーニングを積んでいる人ならば、

制限時間が30時間でも問題ないかなと思います。

 

朝5時スタートなのも、

羊山公園を横断するときの国道299号線の交通規制とか、

登山客に考慮しての朝5時スタートだと思いますが、

逆に朝早すぎて寝不足気味で走るのも、

自分自身が事故りそうなので、

危険回避の為の判断で回避します。

 

またいつか参戦することが出来るときが来るかな?

 

山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山 (山と高原地図 22)

FTRの予習は山と高原地図(奥武蔵)を見ると面白いですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です