ハセツネ試走2018③ 前半試走(スタート~鞘口峠)

Pocket

ハセツネ試走前半へ行く!

※今回のブログはあまり写真を撮る暇が無かったので、過去の写真も使用しまくります。

 

日曜日は朝から雨、しかもかなり強めの雨が降っていました。

雨が降っているおかげで気温も低く、ハセツネ試走には最高の天気です!

試走開始前に東京裏山ベースに寄る。

今日はハセツネ試走会があるらしく店内はトレイルランナーで一杯でした。

(カオスだぜ…)

 

聞くところによると本日はハセツネ初心者向けの講習会があるそうです。

ハセツネ30Kの時にも感じましたが、今年はハセツネ初参戦の方が多い模様です。

みなさん真剣にお話を聞いております。

自分はまだ5年目のルーキーですが、ハセツネ初参戦の時の心境を思い出しました。

初心、忘れるべからず!

ですね、改めて頑張ろうと思いました。

 

 

 

スタート~入山峠

今日は単独試走ではなく知り合いとの合同試走です。

知り合いは意外にもハセツネ初参戦とのことで11時間台(Sub12)をとりあえず目標に頑張りたいとのこと、

コース状況とペース配分がわからないので、とりあえずどんなもんのなのか?レクチャーしてほしいらしいです。

それは別にいいのですが、

自分自信がハセツネコース前半をしっかり走れるかが不安、しかもSub12ペースで、

現在絶賛「夏バテ中+山練不足+イマイチ気力が湧かない」という惨状なので、

ヘタすれば撃沈という可能性も多いにありうるという状況、

以上をご了承を頂き、五日市中学校からスタート!

 

スタートしてしばらく走るもなかなか調子が上がらない、

ゆっくりペースだけど撃沈する気配は無く、

順調に今熊山を越え入山峠へ進む、

入山峠でタイムを確認する。

入山峠:1時間05分

1時間ジャストぐらいかと思ったら、

まさかの5分オーバー、遅せぇ!

 

 

入山峠~浅間峠

入山峠を通過して峰見通りへ、

激しいアップダウンにやられながら進む、

途中で同じくハセツネ試走者らしきトレイルランナー達に遭遇、

そのうちの何名かは、やはりお知り合いが多数、

「やあやあ久しぶり!」

とお互い声を掛け合いながら進む、

ハセツネコースでお知り合いに会いまくると、もうすぐハセツネなんだなぁと実感します。

 

市道山分岐、醍醐丸、連行山、生藤山、三国山を越えひたすら浅間峠に向けて進む、

途中、雨が強く降ってくるときもありましたが、

本日は雨のおかげで気温が低く非常に走りやすいのと、

自分の体温も下げてくれるので足が動きます。

やはりこの時期は雨で試走するのが一番です。

先週の灼熱炎天下の気候だったら今熊山で終わりですよ!

 

本日の衣装は、Tシャツ+短パンでOK!

雨でも湿度は高いので雨具を着用せず、

ただアンダーにファイントラックのスキンメッシュは着ています。これで十分よ!

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュT

 

2週間前に参拝したばかりの軍刀利神社を再び参拝する。

あの階段は無心で登るのが一番の攻略だと思ってます。

雨が終始パラパラと降っていましたが、もうちょっと降ってくれるとありがたいんだけど、

半袖+短パンだけどやや蒸れて仕方なし、

熊倉山を越え、無名ピークを2か所越えてようやくに浅間峠に到着!

3時間35分ぐらいかな?なんて思ったら、

3時間45分と3時間40分も切れてなかったです、

下りはまあまあだけど、どうも登りが遅い感じなんですよね…。

写真の東屋では2名のトレイルランナーが休憩してました。

 

 

浅間峠~西原峠

正直この区間は登りが多く走れるところも多いので、

あまり休めるポイントもないので苦手な区間です。

ハセツネ本戦でも毎回ダレる区間、あんまり頑張らないように進む、

日原峠あたりからあたり一面が、霧なのか雲の中なのかわからないぐらい白い世界が広がる。

ふと地面を見ると踏み跡が見当たらないので、

今日は浅間峠以降へ行かれた試走者は少ない感じです。

ヒーヒー言いながら、

土俵岳、丸山を巻き、笛吹峠、笹尾根を越えるとようやく一面が開けてくるのですが、

一面真っ白で何も見えず…、

数馬峠を少し行ったところでようやく30kmを越える、

全周だとあと41.5kmあるのかぁ…、長いね!

まだかまだかと思いながらようやく西原峠に到着!

ここまでの時間は5時間20分

三頭山山頂まで6時間越え確定、もうちょっと行けると思ってたんですけどね…。

 

 

西原峠~三頭山~鞘口峠

西原峠を少し進むと巻寄山に到着!

そこから三頭山への取りつきまでノンストップで走る、

ここの区間は明るいと走りやすいけど、本番だと真っ暗で何も見えないので怖いんですよね、

毎回、ここの区間は前後に選手がいなくてロストしたんじゃないかと不安になります。

 

久しぶりに三頭山へ登るも、

登ってすぐに全く登る力が無く撃沈状態、

あれ?こんなに登れなかったけ??

と思うほど遅々たる登り、

我慢しながら登ってようやく三頭大滝の分岐に到着、

ここで初めての休憩、既に瀕死です。

ここの尾根は東京都と山梨県の稜線なので、山梨側から吹いてくる風が涼しくて気持ち良い、

まだ三頭山の手前の大沢山を越えていないので頑張って進む!

ヘロヘロで進んでようやく三頭山山頂に到着する。

写真撮り忘れです、山頂は誰もいませんでした。

タイムは6時間12分、6時間切れなかった無念!

 

ここから鞘口峠まで下るだけ、

三頭山直後の下りは岩が多く結構危ないので慎重に進む、

今日はハイカーがいないので詰まるところはなかったです。

鞘口峠手前の急な下りを慎重に下りて、

ようやく鞘口峠に到着!

ハセツネ前半試走のタイムは6時間34分でした。

鞘口峠から五日市会館まで残り5時間20分、

ぎりぎりSub12行けそうかな?

 

 

まとめ

昨年のハセツネ本戦以来の前半ルート走りました。

久しぶりに走ってみて思ったことは、

「こんなにしんどかったけ?」

です。

今日は雨がずっと降っていたおかげでほぼ潰れることなく、前半ルートを無事に走りきれました、

先週みたいな灼熱炎天下だったら今熊山で終了だったと思います。

反省としては登りの力が衰えまくっていてタイムが全然縮められなかったことです、

なんとかしないとです。

もう2~3本ぐらい前半は走る感じかな?全周も行かないとね!

来週も同じ天気でお願いします!

 

ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です