ハセツネ試走⑤2018 【全周予定も途中断念・前編】

Pocket

ハセツネ全周試走予定

ハセツネの試走も今回で5回目となりました、

毎週のハセツネ試走でようやく山足も少し蘇ってきたかなと思います。

いい感じに来てはいるのですが、正直、現状を冷静に分析するとハセツネ本番までには仕上がらない感じです、

7~8月の猛暑に負けて山に全く行けなかったのは痛かった、

ようやく前半試走出来るぐらいまで暑さは和らいできてはいますが、

あと1カ月ぐらい時間が欲しいです。

まあ、残り期間でやれるだけやって当日全力出せるように頑張ります!

 

 

ハセツネ全周試走会に参加

今回の試走はハセツネ試走会で有名な某キャンプに参加しました、

一人で全部全周するのと途中で飽きて下山しそうなので、

ゆっくりでもいいので全部走れればいいや!

ということで参加を決めました。

(今年の外秩父に参加しなかったのは試走会に参加するためです)

 

 

スタート~浅間峠

朝3時30分起床、

朝5時ちょい前に東京裏山ベースに到着、

自分を含め今回の全周参加者は全部で8人ほど、

ほとんどの人がハセツネ初参戦の方々でした。

 

朝5時30分、スタート地点の武蔵五日市中学校からスタート、

ペースはSUB15なので、いつものペースよりゆっくりだが体は何故か重い…、

天気は曇っていて朝も早いスタートなので非常に走りやすいです。

涼しいのですが今熊山の登りでやはり滝汗、

今熊山~入山峠区間の登りでは本格的に汗量が凄いことになる。

入山峠75分ぐらい、SUB15なのでこれくらいか?

かつて50分を切った思い出はなんだったのか…、

 

アップダウンの激しい峰見通りも、いつもどおりにペースは上がらず我慢の区間、

本日の集団走でなければ撃沈して帰宅していたと思います。

なかなか調子は上がりませんでしたが市道山分岐、醍醐丸を越えたあたりから、

ようやく体が動くようになってくる、

前回も同じ場所で体が動き出した気がする…。

 

しんどい登りの連行山、軍刀利神社もサクッと登れる、

途中、しんどいピークごとで小休憩を入れてくれるのも非常に助かりました。

過去最大の余裕の感じで浅間峠に到着、

タイムは5時間以内に到着、まあ、本日はこんな感じでいいんじゃないんでしょうか?

 

 

浅間峠~鞘口峠

浅間峠で補給をしっかり獲って、西原峠、三頭山、鞘口峠に向けて出発です!

半分のぐらいの人がここからトレランポールを使用、

 

みなさんいいポールをお持ちでいらっしゃること、

ハセツネ終了したら自分もポールを購入して冬はポール練習をする予定です!

日原峠で水の残量を確認、

自分は都民の森まで無くならないぐらいの水は持参していましたが、

曇っているものの湿度は高い為、数名の方が水に不安があるとのことで、

ハセツネコースから少し逸れて日原峠の水場へ行くことになりました。

 

ここはいつもジャンジャン湧き水が流れています、

ハセツネでは日原峠の水場は禁止なので要注意です(レース本番で使用したら失格事項に該当します)、

でも湧き水は冷たくて非常においしかったです、復活しました!

往復約15分ぐらいで再びハセツネコースに戻る、

土俵岳、小棡峠、丸山、笛吹峠を通過し、

全員無事に西原峠まで到着しました。

しかしSUB15ペースは日原峠の給水があった為、

少し押せ押せのスケジュールとなってしまいました。

巻寄山を越えていよいよ三頭山の登りが始まります!

前々回の試走で三頭山に来たときは登るパワーが無く、

ハセツネ35kmポイントでほぼ瀕死の状態でしたが、

本日は余力たっぷりだったので余裕で登ることが出来ました、

しかし、いつ登ってもここの登りは長いです。

 

今年2回目の三頭山山頂です、

試走であともう1回ぐらい来たいけど行けるかな?

ここから鞘口峠まで下ります、

いろいろありまして鞘口峠到着が約9時間ほど、

時刻は午後14時を過ぎていました、

これから後半戦スタートとなります。

 

★後編はコチラです!

⇒ ハセツネ試走⑤2018 【全周予定も途中断念・後編】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です