【彩の国】第4回トレニックワールドin彩の国は逆走コース!?

Pocket

第4回トレニックワールドin彩の国 100mile & 100kmエントリー開始日変更とコース変更について

 

 

昨日の正午頃、

トレニックワールド公式Twitterより、

来年の5月11日~12日(土曜・日曜)に開催される、

第4回トレニックワールド彩の国in彩の国 100mile & 100km

についてお知らせがありました。

 

主なお知らせは2つあり、

  1. エントリー開始日を11月1日(木)⇒11月8日(木)に変更
  2. 第4回大会ではコースを逆走する

というお知らせでした。

 

本日、公式ホームページにも上記の内容が更新されていたので載せておきます。

彩の国、エントリー開始は11/8に変更します。(諸々調整追いつかず😅)

なお、今回の大きな変更点は、これまでのコースを逆走します。

北→南は変わらず、北を逆周りしてから、南も逆周りとなります。

変更理由は、天覚山、天王山からの下りが厳しすぎたのか、同じところで骨折者が多数出たので⚠️🏥

今回はデンジャーゾーンを登るので急登ですが、骨折する人は減るでしょう!😇
さらにトレイル率はUP!↗️↗️💦

その他の細かい変更は後日公開して行きます。

⇒ https://trainic-world.org/sainokuni/archives/574

 

意外な盲点だった逆走の発想

第3回大会をリタイアし帰り際に主催者代表に御礼の挨拶しに行ったときに、

「次大会について何か構想しているのでしょうか?」

とお聞きしたところ、

「トレイル率アップと少しコースをいじるかも?

なんてことをおっしゃっていました。

現状のロード区間を次大会ではおもいっきり削ってくるのかな?程度しか思っていませんでしたが(南コース・スタート~五大尊つつじ、天覚山~吾那神社、大高取山~ゴールなど)、

まさかの『逆走』とは考えつかなったです。

「えっ?対した変更じゃないじゃん!」

と思うかもしれませんが、

骨折者が出てるほどの急下りを今度は登らせるので、

いままでよりも急登箇所が増えるということになります。

 

いままでの彩の国コ-スは、

北&南コースとも「長い登りを進ませて一気に下る」ところが多かったのですが、

次回からは「急登を一気に上り長い下りになる」ということになります。

この変更により、

急登での「大幅なエネルギー消費と筋肉ダメージによるケイレンが多くなるのでは?」と予想しています。

まだ試走をしてないのでなんと言えませんが、

第1回大会の恐ろしさが第4回では復活しそうな予感がします!

第2回、第3回で引き上がった完走率も第4回では再び低くなる可能性があると思います。

 

気になるトレイル率UP!の予告

ホームページ末尾に書いてある、

今回はデンジャーゾーンを登るので急登ですが骨折する人は減るでしょう!😇
さらにトレイル率はUP!↗️↗️💦

気になる「トレイル率はUP!」との文字が!!!

いままでのレースでも極力ロードを走らせないように、

コース設定を上手く工夫をされていて、

他の100kmレースに比べればかなりトレイル率を抑えているのにも関わらず、

「さらにトレイル率を上げるぞ!」

と意気込んでいるようです。

トレイル率UP = なかなか進まない =体力&足を使う = 疲れる =リタイアの可能性UP!

上記の法則はあると思います。

 

まだ想像だけですが、

予想では第4回大会では第3回大会より100mileの完走率は減少すると思っています。

まだ3戦全敗中で一度も完走したことはありませんが、

トレニックワールドさんの優しくない変更はさすがだなと思います。

厳しい厳しい方向に設定していく姿勢はホント貴重でありがたいと思っています、

細かいコース変更については後日発表するとのことなので、

すべて公表されてから試走に行ってみようと思います。

 

富士山の周りの大会より、

こっちの大会の方が面白いと感じている超マゾランナーは意外に多いと聞いてます♪

(自分もかな?)

 

★「彩の国」の予習にオススメ

⇒ 【山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山 (山と高原地図 22)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です