【UTMF】まさかの当選から一夜明けた心境

Pocket

UTMF2019までの懸案事項

記念撮影!

昨日のUTMF当選は完全に「まさか」だったので、

発表日の午後から就寝するまでの間はずっと気が動転していました。

「100mile完走できるのか?」

という不安はなく、

「UTMF参戦するにあたりスケジュール調整をどうするか?」

ということの方が心配なのです。

10連休前の実質週末と月末は想像以上に大変になりそうな予感、

しかも仕事上では仕事始めの月の月末、

考えただけでいまからゾッとしています…。

果たして出場できるのか?そもそも休めるのか?

(実際「エントリー前から良く確認しとけよ!」ってことなんですけどね、反省)

とりあえず、そんな懸念もあるので入金締切日(12月4日)までギリギリ様子見します、

仕事あってのレースということは忘れてはいけないですね!

 

少しUTMFまでの段取りを考える

STY2015に参戦したときに、

スタート地点の「富士山こどもの国」までの移動が非常に怠かった思い出があります。

昔みたいに河口湖一周ぐるっと周回レースだったら、

河口湖発着だったので移動がすごく楽だったんですけどね!

まずは北麓駐車場からの高速バスを予約しないといけないのか…、

(選手用の無料バスあってもいいじゃんよ、¥36,000円だぜ!)

UTMF初参戦の方で既に出場確定されている方は、早めに宿、交通手段を確保しておいた方が良いですよ!

(今ならまだ間に合うかもしれませんが、最悪の事態になると宿難民になりかねませんのでご注意を!)

 

当選してからもいろいろと費用が重なりまくるUTMF、

常に金欠ランナーとしては出場に関し相当の覚悟がいるもんです。

ブログを書いている以上、

後々、参戦を考えている方への参考レースレポを残したいという気持ちもあります。

まずは約半年の間に「どんな準備をしているのか?」などを今後書いていこうと思います、

冬山のロング練習、既にネタ満載!

さまざまな懸念をクリアしスタート地点に立つことは出来るかな?

 

⇒ ウルトラトレイル・マウントフジ2018(ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2018)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です