【トレラン】目指せ!臼杵神社へ参拝トレランの巻

Pocket

また武蔵五日市に参上!

昨日は2週間ぶりにまた武蔵五日市へ行ってきました。

武蔵五日市は「家から一番近く慣れている山」なので、自分の中では奥武蔵とか丹沢に比べたらとても安全・安心の山です。

今回、武蔵五日市に訪れた理由は、

臼杵山の近くにある臼杵神社に参拝しに行く!

ことです。

 

トレランを始める前は「日本各地寺社仏閣を巡る旅」をしていました、

南は沖縄、北は北海道まで赴き、ETC1,000円だった頃は車で青森や京都、佐渡島、紀伊半島など、まとまった休みが出来たら車中泊で日本中を駆け巡り、その土地の文化・風習・伝来などを調べに行ってました。

結構、深く調べると日本は古事記・日本書紀などにより形成された文化が至るところに根付いているのがわかって面白いですよ!

(長くなるのでぼちぼち割愛します)

 

ちょっと遠回りですがハセツネコースから市道山経由で臼杵山を目指します。

山は紅葉も終わり枯葉だらけでした。

余談ですが極上のフカフカトレイル最高!ってこの時期に良く聞くのですが、

たぶん自分だけかもしれませんがフカフカトレイル嫌いです。

理由は「落葉でグリップが効きにくくなる、転倒しやすい、落葉の下に根っこや石があるのがわからなくて怖い、足の接地ポイント(ライン)が読めない」などなど、

完全に少数派だと思いますが、レースレポで「落葉最高!」なんて見ると「怖くないのかよ!」とツッコんでいます。

 

そんなことを思いながら峰見通りを進んでいると、

矢印発見!

なんだこりゃと思ってみてみると「TOKYO八峰マウンテントレイル」のコース案内でした。

KFCさん、12月は「みたけ山トレイル」「TOKYO八峰マウンテントレイル」があって大変ですね!

東京都のトレイルレースで唯一出場したことがない大会「TOKYO八峰マウンテントレイル」

寒いし、朝早いし、近いけど高尾まで行くのが面倒です。

八王子八峰登山大会(=旧TOKYO八峰マウンテントレイル」)だったら今熊山スタートだったので参戦するんですけどね、

気が向いたら応援にでも行こうかな?知り合いがたくさん出場しているし!

 

市道分岐を醍醐丸・陣馬山方面には行かずに市道山・臼杵山方面へ向かいます。

市道山から先のアップダウンは相変わらず強烈、道も狭いところあるし峰見通りが可愛く思えるぜ!

たぶん人生三回目の臼杵山山頂、

いいトレイルなんですけど、みんなハセツネコースばかりでこちら側には来ないんですよね、もったいない!

臼杵山からの景色を望む、

寒くなり空気が澄んでいるので遠くまで見渡せます、あれは筑波山かな?

ゆっくり見ていたいのですが非常に寒いので、すぐに切り上げて本日の目的地「臼杵神社」を探す!

過去3回訪問したときに神社らしきものは見てないので、荷田子峠ではなくもしかしたら元郷なのかな?少し登って元郷へ進んでみます。

少し登ったら開けたところに目的地の『臼杵神社』がありました!

神社周辺には紐で「結界」を施してあり、結界内に入ると久しぶりに鳥肌が立ちました(寒いからじゃないですよ)。

二礼二拍手一礼で参拝後、少し調査させてもらいました。

まず、臼杵神社で驚いたことが社殿が北向きに配置されていることです。

ほとんどの神社は東向き或いは南向きに社殿が設置されています、理由は日の光を受けやすいためです。

奥多摩だと今熊山奥社と御岳神社ぐらいかな?まあ、北や西もあることはあります。

本殿脇にある狛犬、文献によると「猫の狛猫」と表現されていることが多いですが、おそらく「狼」ですね!

似たようなのが大岳山の大岳神社前にもあります、奥多摩周辺は狼信仰=大口真神があるのですが(秩父の三峰神社、青梅の御岳神社など)、御岳神社、大岳神社よりも南側まで狼信仰があったのは意外でした。

※詳しくは「ヤマトタケルノミコトの東征」より

左側は右に比べると崩れていますが、かろうじで原型を残してくれています。

 

近くにあった石灯篭に「文政12年12月13日」と刻まれています。

「文政12年=1829年」

いまから約190年前に建立されたものです、徳川家斉の時代で江戸大火があったあたりですね、ペリーが来航してないときから信仰があったことになります、凄い!

狐の狛犬には「平成16年5月吉日奉納 柏木野自治会」との文字が刻まれています。

気軽に来れない山域に約190年間、地元の人達の厚い信仰がいまも残っているわけです、素晴らしい!

ここで急にスマホの電源が突然落ちる!

ちょっといろいろ調べ過ぎたみたいで「打ち切り」になったようです、もうちょっと見たかったですが仕方なし、夕暮れが近かったので「早く下山しなさい」ってことかな?

名残惜しいですが荷田子峠方面に向けて下山開始、臼杵神社以降、しばらく何かに見られてる感覚が離れせんでした。

まあ、無事に下山出来たので八百万の神が事故が起きないように見守ってくれたのでしょう!ありがたいです。

※霊感はほぼないです。

⇒ オオカミの護符 (新潮文庫)

 

というわけで、昨日は「奥多摩の臼杵神社へ参拝」に行って来ました。

昨日は超寒い日で紅葉もすっかり落ちていたので、トレイルランナーもハイカーにもほぼ会いませんでした。

寒いけれど景色は絶景だったので気分爽快でした!

 

帰りに東京裏山ベースの近くにある無人野菜販売所にて柚子を購入しました。

とても良品の柚子ですが「冬至の柚子湯」に使わせていただきます!

 

※ちなみに自分は神社検定3級です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です