【トレイルシューズ】今熊山でトレランシューズ等の試履会(イベント)が開催される!?

Pocket

UTMF2019の作戦を色々考え中!

▼ 今シーズンのフルマラソンはなし

来年いまのところ確定しているレースは「UTMF」と「新宿シティハーフマラソン」のみ、

結局、今シーズンのフルマラソンを走らないことにしました。

まあ、春先は予定が変なタイミングであったりと色々忙しい時期です、

出場出来るか?出来ないか?

そんな状態であれば潔く「出場しない!」ということに決めました。

フルマラソン走れないのは非常に残念ですが仕方なし、来年こそサブ3頑張るよ!

ただ、レースに出場しないことでトレーニングのモチベーションは下げないように注意しないとです。

 

UTMF用のシューズを模索中!

4月下旬に開催される「UTMF2019」

制限時間46時間、距離が約160kmとのことです。

まだ100マイルのトレランレースは完走したことがありませんが、

彩の国に比べれば時間もたっぷりあるし、ロード区間も多いので、途中で寝ても大丈夫、

現状のトレーニングを怠らなければ完走は出来そうな感じだと思っています(楽観的)。

彩の国100マイルは130kmでリタイア、

小江戸大江戸200Kは25時間で完走しているので、

そこらへんの経験を上手く使って、

この冬のトレーニングを組み立ていければ大丈夫と思っています。

(既に取り組んでます♪)

 

ただ現状の問題としてUTMFのシューズをどうしようか?と考えています。

STY2015の時は約70kmだったので、グリップが効きやすいシューズよりもロードシューズに近い薄型シューズでガンガン攻めてOKでした、

UTMFはロードこそ多いけれど約160kmもあるロングレースなので、足のダメージを極力少なく、クッション性の高いシューズの導入を検討しています。

いわゆる厚底シューズですね!

とりあえず、ここ最近は色々なシューズを物色し模索している状況、

その中でも「コレいいかも?」と思っているシューズを見つけたので紹介してみようと思います。

 

RaidLIght【 RESPONSIV ULTRA(レスポンシブ・ウルトラ)】

RaidLIghtさんの来年春発売予定「RESPONSIV ULTRA(レスポンシブ・ウルトラ)」

前面: 19mm、ヒール: 25mm、ドロップ: 6mm、重さ:約270g

トレイル用厚底シューズ、ウルトラの名が付いているようにロングレース向けに作られたシューズ(らしい)、

今年の4月に青梅市で開催された「トレランギアフェスオープンエアデモ4(TOAD4)」にてRaidLIghtさんの厚底シューズを試履させていただいたことがあります。

試履OKのリレーに参戦したときに、下りの着地衝撃の少なさとシューズ素材の頑丈の作りによる安定感が抜群に良かったです。

正直、4月まではRaidLIghtさんのシューズは気に掛けたことがあまり無かったですが、

試履し終わったあと「凄げぇシューズがあるんだな」と驚きました!

 

HOKAONE SPEEDGOAT 2(スピードゴート2)

Hoka Mens Speedgoat 2

厚底シューズと言えばHOKAというぐらい自分の中では昔から認知しています。

  • オフセット 4.5mm
  • ヒール 32mm
  • フォアフット 27.5mm
  • 278g(27cm)

 

忘れてしまいましたが、何処かの試履会で一度履いたことがあります(そのときはスピードゴートだったかな?)、

元祖、安定厚底シューズということもあり履き心地はとても良かったです。

普段のシューズは薄型なので厚底シューズのグリップに慣れるのに非常に時間が掛かるのですが、底面の凹凸がしっかりしているのでブレーキしやすかったです。

 

フィット感、安定性、耐久性が向上した上に、新しいラストを使用した幅広のミッドソールが足をしっかり支え、トゥーボックスの必要なエリアに補強が施されています。

より深く、多くの溝を刻んだVibram®アウトソールは起伏の激しい路面で優れたグリップを発揮し、柔軟性の高いアッパーは高い快適性を実現します。

 

公式ホームページより引用しましたが、この自信たっぷりのコメントそのままの性能だなと感じました。

HOKAONEシューズも近年履いてるランナーさんが多いのも頷けます。

【シューズ購入リンク先】 ⇒   HOKA ONE ONE ランニングシューズ M SPEEDGOAT 2

 

もっといろいろ調べてあるのですが、あんまり長くなるのもアレなので、

とりあえず現段階で考えている2社を取り上げてみました。

いまのところHOKAのシューズは履いたことがあるのですが、RaidLIghtさんのNEWシューズは自分としてもかなり注目しており、UTMFに向けてどれほどの戦闘力があるのか?是非とも試履してみたいなと考えています・

シューズの発売は春先なので、いろいろ厳しいかなと思っていたところ、以下の試履会を発見しました!

 

 

今度の日曜日に今熊山で試履会開催!?

RaidLIghtさんのFaceBookを見に行ってみたところ、

今週の日曜日(12/23)にハセツネコースでお馴染みの今熊山にて、

シューズの試履会が開催されるのを発見しました!

あの今熊山を使ってシューズの試履会があるとは非常に驚きです!

自分が先ほど履いてみたいと思ったRESPONSIV ULTRA(レスポンシブ・ウルトラ)が試履出来るとのことです。

詳しく調べてみると、主催はハセツネコースガイドでお馴染みのチーム獣人さんの企画とのことで、

なんでも今熊山を周回しながらシューズの試履が出来るとのことです。

 

今熊山周回となると「ハセツコースで今熊山山頂まで登り、ハセツネ30Kコースから下って1周する」というルートのようです、

「ロード+きつめの登り+やや急な下り」

シューズの性能を調べるのにバッチリの地形が揃ってますね、試履するのには凄く良いコースを考えたなと思います。

他の試履会だと会場周辺をウロウロするか、決まったコースで1~2足履いてお終いというのが一般的ですが、

ラウンド方式で何回も履き替えられるのは非常に良いです、今熊山の下りなんてブレーキが重要な箇所が何か所もあるし、1周約4.5kmなのでシューズの性能を調べるのにちょうど良い距離です。

制限時間が約7時間とこれまた長く楽しめるようです。

 

さらにRaidLIghtさんのシューズだけではなく、なんとHOKAのシューズも試履出来るとのこと!マジか!?

さらにさらにハセツネで多くの選手が使用していたMountainKing(トレラン軽量ストック)のお試しもOK、

⇒ MountainKing Trail Blazeトレッキングポール(110 cm, 115グラム) – aw18

そして最近注目されているガーミン instictもお試し出来るようです。

⇒ GARMIN(ガーミン) Instinct Tundra アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」

 

まとめ

エイドもあり、参加費¥1,500円ですがUTMFに向けたシューズの性能を調べる絶好のチャンスと感じました、

試履会で気になったシューズを見つけ、その性能に合わせた冬のお山トレーニングを組み、UTMFに挑む!

知り合いに確認してみたところ、既に定員一杯になって募集を締め切ってたようですが、問い合わせが数件あったようで、ここで10名追加で参加出来るようにしたようです。

 

 

これは参加するしかないでしょう!

 

いつもトレーニングしているトレランコースで、たくさんのトレランシューズの性能を調べることが出来る!

途中帰宅もOKなので、疲労困憊になるまで、たっぷり楽しんで来ようと思います!

⇒ RaidLight レイドライト Team R-Light 004 V3

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です