【トレラン】狩猟免許試験を受けてみようか真剣に考える!

Pocket

狩猟免許とは?

熊じゃないよカモシカです。

トレランで山に入るとき常に思っていることがあります。

「狩猟免許を取得しようかな?」

実際にトレラン仲間の何人かは狩猟免許を持っている方がいます。

たまに一緒に山へ走りに行ったときに、

「今度、狩りに行きましょう!狩猟試験受けて下さい!!」

と言われます。

虫を殺すのも躊躇するほどのヘタレ野郎の自分が、

イノシシ、熊、鹿、カモシカなどなどを殺生することは到底出来ると思えないので、

いつも丁重にお断りさせてもらっています。

 

しかし、

山に入るたびに「野生の獣たちの習性」は知っておきたいなとずっと前から思っています。

出没しやすい時季、行動範囲、弱点、対処方法などなど、

獣の棲み処である「山」で住人達に遭遇した場合の、

最低限のマナーは知っておいた方が良いなと思っています。

 

ハセツネ本番1週間前にナイトランに行ったときも、

鹿×1、カモシカ×2、イノシシ×1

に遭遇しました。

何も出来ずにデカい声を出して追っ払うことしか出来なかったので、

今後の為にも狩猟勉強から獣の知識を学ぼうかなと思っています。

 

狩猟免許取得方法を調べてみる

環境省ホームページ「狩猟免許を取得する」より引用、

⇒ https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort8/hunter/license.html

受験初めての人は、

  1. 狩猟免許申請書
  2. 医師の診断書
  3. 写真(縦3㎝×横2.4㎝ 申請前6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の写真)
  4. 狩猟免許申請手数料(下記金額相当の現金または収入証紙にて納付すること)
    ※免許1種類につき5,200円(同時に2種類の免許について申請する場合は10,400円
  5. 返信用封筒

を揃えて、

狩猟免許試験を受けるという流れのようです。

【狩猟免許取得における年齢制限】
・銃猟免許:20歳以上
・網猟免許・わな猟免許:18歳以上

 

もちろん知識ゼロでは合格することは出来ないので、

狩猟試験前に狩猟免許予備講習会の受講があるそうです。

※狩猟免許予備講習会はテキスト・例題集が配布されるそうです。

 

銃猟免許?わな猟免許?

猟というと「猟銃を持って山へ行き、獲物を撃つ!」というイメージがあると思いますが、

猟銃意外にもわな猟というのもあるそうです。

自分が興味のある猟は「網猟免許・わな猟免許」です。

銃猟に比べると非常に地味ですが、

銃の保管や誤射などの事故を起こさないですし、

鉄砲を撃つよりも罠を仕掛けて獲物を捕る方が面白そうだと思いませんか?

獣の習性・行動を読んで罠を仕掛ける!

まさに自分が学びたいと思っていることです。

 

狩猟免許試験

狩猟免許試験は、

  1. 知識試験
  2. 適性試験
  3. 技能試験

以上の計3種類からなります。知識試験は、三者択一の問題となっています。

知識試験・技能試験は70%以上の得点、適性試験は全ての項目について基準を満たせば合格です。

合格率は80%ほど、

野生鳥獣の知識、猟具に関する知識を求められるため、事前講習受講を受講するのが取得への早道だそうです。

 

平成31年度の詳しい試験日程はまだ発表されていませんが、

例年通りであれば年3回実施されそうです。

最近、狩猟に興味を持っている人が年々多くなってきているそうですよ!

⇒ これから始める人のための狩猟の教科書

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です