【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!②(RaidLightシューズ:REVOLUTIV ULTRA)

Pocket

あらすじ

2018年12月23日(日)に東京都あきる野市武蔵五日市にて「今熊山ラウンド10」というイベントが開催されました。

ハセツネでお馴染みの今熊山を最大で10周するという周回イベントです。

今回、このイベントにはRaidLightHOKAONEのシューズ試履が出来き、さらにMountainKingポールとガーミンの最新GPSウォッチ「instinct」も試せるというオマケ付きです。

シューズ、ポール、ウォッチといろいろ調べてきたので、各々のレポを書いていこうと思います。


【関連ブログ】

  1. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!① RaidLightシューズ:REVOLUTIV
  2. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!② RaidLightシューズ:REVOLUTIV ULTRA
  3. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!③ RaidLightシューズ:RESPONSIV DYNAMIC
  4. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!④ RaidLightシューズ:RESPONSIV XP

 

2足目:RaidLight:RESPONSIV ULTRA (レスポンシブ・ウルトラ)

ウルトラコンフォート、ウルトラパフォーマンス

レスポンシブ・ウルトラは最近のトレイルランニング・シューズでは定番となっている大きめで厚みのあるミッドソールを備えたタイプのシューズ。

足を入れてみて気づいたのはつま先周りにゆとりがあり、いわゆるトゥボックスが広いこと。

今回登場の4つのモデルの中でもレスポンシブ・ウルトラのみに幅広の「RLリラックスラスト」が採用されています。

足が幅広のランナーにとっては快適なフィット感が得られる厚底シューズとして貴重な存在となりそうです。

ヒールの高さが25mmでドロップ(ヒールと前足部の高さの差)は6mm。重量は270gと4モデル中で最軽量。

ロード用の軽量なシューズに慣れたランナーにも違和感なくすぐに履きこなせそうなシューズでした。

 

今回の試履イベントで注目していたシューズです。

厚底ということで衝撃による足へダメージがをどれくらい衝撃を吸収してくれるのか?

来春開催のUTMF(160km)みたいな長い距離では、

足の疲労を無くし、フレッシュな状態を維持出来るか、

やはり薄いシューズだとダメージを蓄積させていくと、後々、ボディブローのように効いてきます。

 

製品概要

ウルトラトレイルに最適。軽量で通気性があり快適。

ワイドシェイプのRLリラックスラストは、幅広でラウンド形状のトウボックス。

ハイクッションミッドソールは圧縮率が低く、耐久性とダイナミックなクッション性を提供。

長時間のランニングでも最高の快適性を実現。

 

▼ サイズ

  • ㊚25.5~28.5 ㊛22.5~25.0
  • ファアフット:19mm
  • ヒール:25mm 
  • ドロップ:6mm

 

感想

重量270gですが、シューズの重さはそんなに感じないぐらいです。

履き心地も良く、通気性も良いので、長距離レースにはピッタリのシューズだと思います。

RaidLightさんのシューズはソール、アッパー、素材など、シューズ全体が安定して頑丈な作りなので、

枝、枯葉、岩場などの上に乗っても安定して走れるのが非常に良いです。

厚底だけどグリップもしっかり効くし、衝撃もほぼ感じないので良いシューズでした。

他の参加者からは「アッパーが足の甲に当たって気になる」という意見もありました、

ヒール部分の厚みが25mmもあると、衝撃をかなり吸収してくれますね!

50km~160kmぐらいのレースには抜群の効力を発揮してれそうです。

※2019年春頃発売予定とのことです。

 

★おすすめRaidLight商品

⇒ RaidLight レイドライト バックパック Responsiv 3L レスポンシブ ランニングベスト グレー S/M

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です