【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!④ RaidLightシューズ:RESPONSIV XP

Pocket

あらすじ

2018年12月23日(日)に東京都あきる野市武蔵五日市にて「今熊山ラウンド10」というイベントが開催されました。

ハセツネでお馴染みの今熊山を最大で10周するという周回イベントです。

今回、このイベントにはRaidLightHOKAONEのシューズ試履が出来き、さらにMountainKingポールとガーミンの最新GPSウォッチ「instinct」も試せるというオマケ付きです。

シューズ、ポール、ウォッチといろいろ調べてきたので、各々のレポを書いていこうと思います。


【関連ブログ】

  1. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!① RaidLight:REVOLUTIV
  2. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!② RaidLight:RESPONSIV ULTRA
  3. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!③ RaidLight:RESPONSIV DYNAMIC
  4. 【トレラン】今熊山シューズ試履イベント参戦記!④RaidLightシューズ:RESPONSIV XP

 

4足目:RaidLight:RESPONSIV XP (レスポンシブ・XP)

 

ファストトレイルのためのスピードシューズ

製品概要

スピードを求めるランナーのために設計された超軽量トレイルランニングシューズ。

アッパーをサポートするRL XPテクノロジーは足を圧迫することなく包み込む、中足骨頭、つま先の関節に圧力をかけたり、動きを制限することなく、横方向の安定感をもたらす。さまざまな密度のクッション材を使用したSensor3フットバッドは衝撃を吸収しストライドを改善。

  • フォアフット 15mm
  • ヒール 19mm
  • ドロップ 4mm
  • 重さ:280g

 

感想

RaidLightシューズ試履レポも最後の4足目になります。

このシューズを履いて思ったのが、1足目に履いた「REVOLUTIV」よりも若干軽量な作りなのかな?と思いました。

REVOLUTIVよりもクッション性がちょいと少ない感じですが、

『スピードを求めるランナーのために設計された超軽量トレイルランニングシューズ』

と謳っているように、30km~50kmぐらいのレースにちょうど良いかなと思います。

武田の杜、TOKYO八王子八峰マウンテントレイル、奥久慈50K、

上記のレースみたいなのは上手くハマるんじゃないかなと、

現在、自分が履いている「アディダス TERREX AGRAVIC SPEED」と似た感じがします。

(アディダスシューズの方が衝撃は強いと思う)

自分としては3足目に履いた「DYNAMIC」と今回の「REVOLUTIV XP」は結構好みです、この2足はトレイルもロードも走れるオールラウンドシューズという感じです。

 

★RaidLight商品

RaidLight レイドライト Hyperlight Windproof ハイパーライトウインドプルーフ ジャケット トレイルランニング トレラン

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です