【トレラン】今熊山シューズ試履イベント⑤ HOKA ONE:SPEEDGOAT 2

Pocket

あらすじ

2018年12月23日(日)に東京都あきる野市武蔵五日市にて「今熊山ラウンド10」というイベントが開催されました。ハセツネでお馴染みの今熊山を最大で10周するという周回イベントです。

今回、このイベントには「RaidLight」「HOKA ONE」のシューズ試履が出来き、さらに「MountainKingポール」「ガーミンの最新GPSウォッチ・instinct」も試せるというオマケ付きです。

シューズ、ポール、ウォッチといろいろ調べてきたので、各々のレポを書いていこうと思います。


 

商品詳細

[ホカ オネオネ] [ホカ オネ オネ] HOKA ONE ONE ランニングシューズ M SPEEDGOAT 2 Trail 1016795 イエロー US US09.5(27.5 cm) D

様々なトレイルシーンで高性能を発揮するスピードゴートが進化したSPEEDGOAT 2(スピードゴート 2)。

多くの100マイルレースの記録を保持し、アパラチアン・トレイル(2,190マイル)を最速踏破するなど、まさに「どこでも行って何でも走る」を体現するKarl Melzterにインスパイアされあらゆる複雑なトレイルにも挑めるようデザインされました。

フィット感、安定性、耐久性が向上した上に、新しいラストを使用した幅広のミッドソールが足をしっかり支え、トゥーボックスの必要なエリアに補強が施されています。

より深く、多くの溝を刻んだVibram®アウトソールは起伏の激しい路面で優れたグリップを発揮し、柔軟性の高いアッパーは高い快適性を実現します。スピードゴート2はまさに、タフなトレイルランニングシューズです。

(最適路面)
TRAIL

(重さ)
278 g (27.0cm)

(オフセット)
4.5 MM

 

感想

「HOKA ONE」と言えば厚底トレランシューズというぐらい自分の中では代名詞的なメーカーです。

今回の「スピードゴート2」は過去に1度試履したことがありますが、ほんの少しの時間だけだったのでシューズの戦闘力は良く解らずじまいで終わっていました。

今回は登り・下り・ロードという三拍子揃っているコースだったので、制限時間も気にしないで、じっくりと観察させていただきました。

改めて「スピードゴート2」履いた感想としては、やっぱり着地衝撃の少なさは良いですね!

今熊山の急下り区間でほぼダメージ無かったのは凄いシューズだなと思いました、厚底シューズはグリップが効きにくい印象があったのですが、スピードゴート2はしっかり効いてくれていました。

重さは約270gですが、登り下りともに重さは全く感じませんでした、このシューズは評判通りに長いレースには最適な性能ですね!

ただ少し違和感を感じたのは、シューズのアッパー部分が少し薄いかなと思いました。ソールはしっかりしているけれど、シューズ上部がちょっと弱いかな?

上記の部分が少し気になっただけで、あとは全然問題なしですね、今春のUTMFにピッタリのシューズだと思います。

ロングレースではくシューズに迷ったらHOKA ONE「スピードゴート2」をまず履いとけば良いと思います!

⇒ [ホカ オネオネ] [ホカ オネ オネ] HOKA ONE ONE ランニングシューズ M SPEEDGOAT 2

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です