【トレラン】今熊山シューズ試履イベント⑥ HOKA ONE:EVO MAFATE(エボ マファテ)

Pocket

あらすじ

2018年12月23日(日)に東京都あきる野市武蔵五日市にて「今熊山ラウンド10」というイベントが開催されました。ハセツネでお馴染みの今熊山を最大で10周するという周回イベントです。

今回、このイベントにはRaidLightHOKA ONEのシューズ試履が出来き、さらにMountainKingポールガーミンの最新GPSウォッチ・instinctも試せるというオマケ付きです。

シューズ、ポール、ウォッチといろいろ調べてきたので、各々のレポを書いていこうと思います。


【関連ブログ】

 

6足目:HOKA ONE EVO MAFATE(エボ マファテ)

▼ 商品概要

世界で最も厳しいコースの一つである、レユニオン島の100マイルレースにも相応しいトレイルランニングシューズEVO MAFATE(EVO マファテ)。

HOKA ONE ONE独自の、メタロッカー、アクティブフットフレーム、スーパークッションミッドソールをはじめとした、トレイルシューズの革新的テクノロジーが注ぎ込まれています。

ミッドソールにはR-BOUND™を採用、反応性、グリップ性、耐久性を高め、MATRYX®ファブリックのアッパーは、これまでにない優れたホールド性とサポート性を発揮します。

アウトソールには5mm高のVibram®MegaGripのラグが備わり、起伏の激しい路面でも優れたグリップを発揮します。

厳しく、長いトレイルのパートナーに最適な一足を是非お試しください。

  • Best For(最適路面)
    TRAIL
  • Weight(重さ)
    270 g (27.0cm)
  • Heel-toe drop(オフセット)
    4 MM

 

感想

6足履いた中では一番地面にカッチリした感じのシューズでした。

100マイルレース用のシューズを履くと、ソールが柔らかいものが多いのが主流だと思いますが、

これは履いて走った感じでは硬い感じなんですよね…、

ロードシューズで例えるなら、アディゼロタクミ・錬、アディゼロマナ7あたりの感じ?でしょうか、

履いて走った当初は「ソールが厚いのに、この硬さはないかな~」と思っていたのですが、

硬いのが逆にブレーキをかけやすいのに気づき、ソールの暑さもあるので下りを思いっきりぶっ飛ばして下れました。

自分と終始一緒に走っていた人が「試履8足中で一番良かったのはこのシューズ!」と言っておりました。

現在、8足中6足まで試履レポを書きましたが、それぞれのシューズに個性があり、それなりの戦闘力があるので、どれもこれも良すぎて困ります。

⇒ HOKA(HOKA) EVO Mafate 1091575-CCTRS

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です