【トレラン】今熊山シューズ試履イベント⑥ HOKA ONE:TORRENT(トレント)

Pocket

あらすじ

2018年12月23日(日)に東京都あきる野市武蔵五日市にて「今熊山ラウンド10」というイベントが開催されました。ハセツネでお馴染みの今熊山を最大で10周するという周回イベントです。

今回、このイベントにはRaidLightHOKA ONEのシューズ試履が出来き、さらにMountainKingポールガーミンの最新GPSウォッチ・instinctも試せるというオマケ付きです。

シューズ、ポール、ウォッチといろいろ調べてきたので、各々のレポを書いていこうと思います。


【関連ブログ】

 

7足目:HOKA ONE:TORRENT(トレント)

▼商品概要

ワールドクラスのHOKA ONE ONEトレイルアスリートとのコラボレーションによって誕生したTORRENT(トレント)。

トレイルレーサーとして開発された本モデルは、クッション性とグリップ力という一見矛盾した性能を兼ね備えており、まさにトレイルレースでその威力を発揮します。

PROFLY™ミッドソールがソフトな着地と前足部の反発性を提供し、フルラバーアウトソールには多方向に溝が刻まれ、高いグリップ力を発揮して素早い動きに対応。

エンジニアードメッシュのアッパーは通気性とサポート性に優れています。この軽量でテクニカルなトレイルシューズは、さまざまな地形をハイスピードで走ることを実現します。

  • Best For
    (最適路面)
    TRAIL
  • Weight
    (重さ)
    254 g (27.0cm)
  • Heel-toe drop
    (オフセット)
    5 MM

 

感想

TORRENT

残り1足の感想はまだですが、8足中1番ランニングシューズに近いトレランシューズに感じました。

軽量でグリップが効き過ぎない程度に効き、ロードも登りもスイスイ登れました、

ソールが薄い感じなので、100mileや100kmなどのロングレースではなく、ショートレースやミドルレース(50km~70km)ぐらいでいい味を出してくれそうです。

HOKAのシューズと言えば「ソールが厚く、クッション性がある」イメージがあると思いますが、このシューズはクッション性重視の走りやすさを追求したシューズだと思います。

 

★HOKA ONE最新シューズ

⇒ [ホカ オネ オネ] HOKA ONE ONE ランニングシューズ W CLIFTON 3

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です