【ヘッドライト】超コスパヘッドライト「Tomo Light」について考察してみました。

Pocket

Tomo Light(トモライト)

何気なくTwitterを見ていたところ、

「富山のヘッドライト会社被害 ネットから架空注文3,000件 怒」

という記事に目がとまりました。

「ヘッドライトで被害とは何ぞや?」

と掲載されていた北日本新聞の記事を読んで見ると以下のことが書いてありました。

ヘッドライト販売のトモスメメイカー合同会社が、インターネット通販による架空注文被害に遭っている。

商品の届け先として実在しない住所を入力する手口で、被害件数は昨年12月下旬からの3週間で3.000件に上ったとのことです。すべて海外の同業者からの注文。発送料は自社で負担しており、約200万円の損失が出ているという。

このほか、海外の同業者から1日当たり400通の嫌がらせメールも送られているという。

※北日本新聞より一部抜粋

 

▼ トモスメメイカー

【関連サイトhttps://camp-fire.jp/projects/view/122394

 

サイトの写真を見る限り、かなりの在庫を抱えてしまっているようですね…。

サイト内でクラウドファンディングを募るほど、現状、厳しい状況のようです。

キャンセルにより商品の代金入らず、そして商品が届かない住所が書かれても自動で発送する仕組みで、送料は出品者持ち。つまるところ弊社持ちとのことです。

利益は入らずに送料負担だけが掛かってしまいます、これを『イタズラ代引』という手法だそうです。

かなりエグいことをやりますね…。

 

そういえば、昨年の11月頃にAmazonでヘッドライト調べていたときに、

Tomo LIGHT(トモライト)と似た感じの中国製のヘッドライトを見かけたことを思い出しました。

どっちが先なのかわかりませんが、色もデザインもかなり類似している感じ、タイムセールだったかな?

かなり格安で販売されており、ルーメン(光量)も結構あったので良いかなと思ったのですが、

照射時間が極端に短かったのと、重量が重すぎだったので、カートまで入れましたが結局は購入しませんでした。

 

Tomo Light 商品概要

というわけで、イタズラ代引きの被害に遭われたということなのですが、

実際に商品の方はいかがなものなのか?

もしトレラン等で使用出来るのであれば、いざというときの為に用意してもいいかなと思い、

商品を調べてみることにしました。

 

⇒ Tomo Light LEDヘッドライト 充電式 ヘッドライト

サイトでは上記のヘッドライトを取り上げています。正式名称はないのかな?

▼【製品仕様】

ライト:CREE XML T6 LEDライト3つ装備 さらに CREE XPE LED ライトを2つ装備。
米国のライト業界で有名なCREE社でも採用されているT6LED採用し、
CREE社が誇る超高輝度スーパーLEDチップ採用モデルを使っています!
LEDヘッドライトとして多くのライトを多数装備しています!

最大明るさ:10000ルーメン
LED寿命:40000時間前後
バッテリー:18650リチウムイオン蓄電池×2本(充電限界サイクル1,000回程度)
重量:210g
回転角度:上下に90 °左右には動きません。
素材:ライト部周辺、アルミニウム合金。ヘッドライト枠組みは強化プラスチック。
照射距離:500メートル前後
点灯時間:2.5-5.5時間
充電時間:約5時間程度
商品発売日:2017年5月21日

なんと10,000ルーメン!?

めちゃくちゃ明るいですね、ついに時代は10,000の時代に突入したようです。

しかし、気になるところは、やはる点灯時間が2.5~5.5時間、

おそらく2.5時間は全ライトMAX状態で使用したときの時間だと思います。

トレランでのナイトランでの使用では2.5時間はかなり短いかな、

使用用途に書いてある、街中ジョギング、夜釣り、狩猟(狩り)、射撃、釣り、サイクリング、登山、洞窟探検&探索、夜間や暗いところの建築現場や工事現場、自動車整備の作業灯、

TomoLight(トモライト)の5眼ヘッドライトは元々夜釣り用のライトとして開発とのことです。

上記のところで使用であれば問題ないかと思います。お値段は¥2,980円とかなりお得です。

Tomo Light LEDヘッドライト 充電式 ヘッドライト

 

上記の商品以外でトレランで使えそうかな?と思ったが、

⇒ Tomo Light LEDヘッドライト 充電式 ヘッドライト

 

見た目も先ほどよりもシンプルなデザインで軽量そうです。

ちゃんとした作りになっています、自分が6年間使用しているヘッドライトよりは使い勝手が良さそうです。

 

▼【製品仕様】

ライト:CREE製 LEDライト1つ装備し、ズーム機能も備わっています。
米国のライト業界で有名なCREE社でも採用されているT6LED採用し、
CREE社が誇る超高輝度スーパーLEDチップ採用モデルを使っています!
LEDヘッドライトとして多くのライトを多数装備しています!

最大明るさ:1500ルーメン
LED寿命:40000時間前後
バッテリー:18650リチウムイオン蓄電池×2本(充電限界サイクル1,000回程度)
重量:180g
回転角度:上下に90 °左右には動きません。
素材:ライト部周辺、アルミニウム合金。ヘッドライト枠組みは強化プラスチック。
照射距離:500メートル前後
点灯時間:強4~5時間。弱5~7時間。
充電時間:約5時間程度
商品発売日:2019年1月15日

ヘッドライトで1500ルーメンあれば自分はありです。

気になるのはやはり点灯時間が強4~5時間、弱5~7時間ですね、

先ほどのライトよりは点灯時間は長いですが、う~ん、トレランで使用するには短いかな…、

強で8時間ぐらいもってくれれば即決で購入しているんですけどね、一晩はやはり厳しそうです。

値段も¥1,980円とかなり安いんで良いのですけれど!

重くなるけど電池×3つぐらいで照射時間を伸ばして欲しいですね(重くなるけど)。

 

まとめ

トレランレースでの使用と考えた場合では照射時間が短いのちょっと厳しいかなと思います、予備電池を持っていけば良いのですが、電池交換で生じるタイムロスはかけてたくない性格なので、自分は現状の物で大丈夫かなと思います。

クラウドファンディングのページでも、

「明るさ重視、短時間使用、コスパ最高!」をモットーに開発された短時間使用型ライトです。

と言っているように、

長時間使用するライトではないのかなと思います。

いろいろ調べていると、とても頑張っている会社なので、今後は長時間使用のライト開発し販売されることを楽しみにしたいと思います。

性能的には1回の充電で2,3時間は使えますし、ランニングやウォーキング用といった日常でも使われていたり、地震や台風といった被害が多い今日には非常にいろいろな方々に買っていただいております。

確かにコスパがかなり安いので、日常や災害に備えるものとして一家に一台はあってもいいかもしれません。

 

¥2,980円と¥1,980円は確かに安い…。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です