【ハセツネ30K】ハセツネ30K試走会2019 ①

Pocket

2019年度ハセツネ30K試走会

毎度お世話になっております。

 

日曜日はいつもお世話になっている、チーム獣人さんの「ハセツネ30K試走・上級クラス」のお手伝い(講師)にて行ってまいりました。

2019年になってまだ「ハセツネ30Kコース」を1度も走っておりません…、しかし、このコースはもう何十回走ったかわからないぐらいのお馴染みコースです。

実は2~3年前ぐらいから上級クラスのお手伝いをさせていただいております、人様に教えられる立場の人間ではありませんが、いろいろと自分なりに考えた戦略・ペース・作戦などを提供させていただいております。

いろいろと毎回不安ではありますが、毎回、全力で頑張らさせていただいております。

 

朝8時30分集合も少し遅れる。

本日の上級参加者は1名、しかも、お知り合いのSさんでした!

東京裏山ベースでの5RC、昨年の秋のハセツネグリーンフェスティバル(入山峠班)などで、いろいろお世話になっているお方です。恐縮です。

試走開始前に先週発症した「甲状腺機能低下症=橋本病」により、ほぼ寝たきり状態だったことと、筋力低下、体の機能がまだ完全回復していないことを伝える。

本来ならば4時間切りのペースで走らなければならないのですが、

「現状出来る最大限のコンディションで頑張ります」

ということで、何とかご了承しただきました、感謝です!

 

朝9時、東京裏山ベースからスタート!

Sさん、昨日は「彩の国試走会・South前半」のペーサーをされていたらしい、相変わらず元気だこと…。

序盤のロードは昨日の雪の影響はあまりないが、序盤の盆堀林道は山の北側斜面の影響で凍結している箇所が多々あり、滑りやすい箇所が多数ありました。

雪が積もっているところはないので、慎重に進めば問題無し!

 

北沢峠手前の登山道を56分で到着!

ヒィーヒィー言いながら登った割には1時間切れて良かったです。

北沢峠

ここからトレイルが始まりますが、既に盆堀林道で現状の力を使い果たした感じ…、

ここから少しペースダウンしながら進む、

 

峰見通り3枚目?ぐらいの登り、

ハセツネ30Kコースの雪の積もり方はこんな感じです。軽アイゼンを着用せずに問題なく走れます。

 

結構、雪が積もっているように見えるかもしれませんが、そうでもないです。

今週末に再び雪予報が出ているようですが、降らなければ雪も無くなるんじゃないかと思います。

 

市道山分岐の手前の開けたところです。

昨年はもっと積もっていたと思います、ここまで、雪で進むのに困難な場所はありませんでした。

 

ハセツネ15Kmポスト手前の登り坂、

雪が降るとここの登りが一番厄介なのですが、全然普通に登りきれました。

 

ここでお腹が空いたので、補給食「PowerBar パワーバー(チョコ味)」を喰らう!

最近ますます燃費が悪くなったようで、ジェルよりも固形食を食べないとエネルギーが回復出来なくなっています。最近はもっぱら固形の補給食ばかり摂取しております。

 

第一関門「篠窪峠」付近、

日が当たっているところは雪は無し、日陰っているところは凍結していました。

(転倒しましたが異常なし)

 

 

関場分岐から登り返し、ハセツネ30Kコース後半の一番の急登に到着、

久しぶりに登りましたが、昔は「激登り!」と思っていたのですが、

今回、久しぶりに登って思ったことは「もうちょっと斜度と距離が欲しいなぁ」でした。

今度、走って登ってみよう♪

 

入山峠~今熊山までの積雪状況は以上の感じです。

ハセツネ30Kコースは思っていたより積雪はない感じです、ちなみに今熊山からの下りも問題無しです。

 

ゴールがある「秋川リバディオ」まで走り切って終了!

タイムは4時間40分ほどでした、本来であれば4時間切りのペースで走らなければならなかったのですが、自分の油断による調整不足で達成に至らずでした…、反省。

次回、3月は足も体も健康もバッチリにさせて、4時間切りペースを軽く走ってやろうと思います。

kegさんからも宿題をいただいたので、次回までにはもう1回コースに入って確認する予定です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です