【ハセツネ30K】第11回ハセツネ30Kレースレポ

Pocket

第11回ハセツネ30K備忘録

武蔵五日市駅

6年連続6回目の「ハセツネ30K」

申し訳ないですが、正直、6回目の参戦となるとさすがに飽きました。

レース前のドキドキ感やワクワク感は既にゼロ、

「とにかく1000位以内を最低目標に走る為だけに出場なのか?」

と思ってしまっています。

 

朝6時40分頃、駐車場は既に満車

そんな気持ちのまま会場に着くと、

いつもお世話になっている大先輩方にお会いする。

その他でも、いつもハセツネグリーンフェスティバルやイベントなどで、

お世話になっているハセツネスタッフさん達からも、

たくさんお声をいただきました。

上記で「6回目のハセツネ30Kも飽きた」と書きましたが、

逆に毎回出場していることで、自分の事を覚えてくれているんだなぁ、

という嬉しく思いました。

 

いつもの場所にてお馴染みのメンバー全員集合!

今年の整列時の気温はとても寒く、

号砲まで待機するのは非常にしんどかったのですが、

お知り合いの方々とは久しぶりだったので、

近況報告のトークをしていたら、

あっというスタート時間になっていました。

 

午前8時30分スタート!

勢いに乗って走って行く、

天候は肌寒く、絶好のタイムを狙えるレースコンディションなのですが、

ここ最近の体調不良とモチベーション低下で山練習をまともにやっていないので、

どこまで頑張れるかはわかりませんが、

「いま自分が出来る最高の走りをする!」

ことだけ考えて、とにかく走ることに集中する。

 

しかし、檜原街道で既に息切れが激しい状態、

黒茶屋近くで一瞬吐きそうになりました。

ゼェーゼェー言いながら盆堀林道の入口に行くと、

青梅トレラン部のJさんとAさんの元気な応援を頂く!

辛いときに元気な応援はホントありがたいです。

さらに少し行った先には、地元在住のTさんファミリー総出での大応援、

採石場手前にはアフロヅラを被った知り合いが応援してくれたりと、

応援はホント元気をいただけます。

北沢峠登山道入口に50分ジャストで到着!

渋滞はまだ起きておりませんでした。

 

ようやくトレイル突入!がペース上がらず…。

林道の登りで全体力の8割ほどパワーを既に消耗、

前の選手について行くだけで精一杯、

峰見通りの激しいアップダウンもフラフラ…、

ここ最近はキレのある登り下りが出来てないと反省。

いろいろと今後の事を考えながら進む。

 

第1関門「篠窪峠」1時間33分、

ここから関場分岐まで約6kmほど林道の下り、

いつもは少しかっ飛ばしながら下るのですが、

左足全体が若干攣りそうな兆候があるのでジョグペースで進む、

元気なランナーがガンガン下って行く、情けなし。

毎度応援してくれているお婆さんが今年も庭先で応援してくれていました。

試走のときは一度も見掛けなかったので心配していたのですが、

今年も元気な応援をいただきありがとうございました。

 

関場分岐

ハセツネ30Kコースで一番楽しい関場分岐からの登り返し!

相変わらずここで歩きだす選手多し、

今年も歩いている選手に「行くぞ!」と声を掛けながら登る、

ここで走れればタイム全然違うのになぁ…。

 

トッキリ場までの急登に到着!

ようやくここら辺でエンジンが掛かってくる(遅いっ!)、

トップ選手みたくここの登りは走って登れないが、

まあ、いい感じで前方にいる選手をパスさせてもらう、

トンネルの所で「ゆるキャラのぐんまちゃんの被り物」をした、

青梅トレラン部のTさんの応援をいただく!

前日に一番きついであろうところで応援しますというSNSを拝見したけれど、

まさにドンピシャの応援で元気いただけました、ありがとうございます!

 

エンジンがようやく点火してきたものの、

左足全体が攣りそうな状況は続いているので自重、

いろいろと誤魔化しながら頑張って進む!

第2関門「入山峠」に到着!

ここでヤブ漕ぎ隊御一行様の大声援をいただく、

嬉しいなぁ、元気な応援をいただいて助かりました。

ラスト約5kmぐらい、最後まで頑張って走ろうと思いました。

 

ヘバりながらも今熊山に向かって頑張って走る、

昨年のハセツネ本戦1週間前に襲来した台風24号の影響で、

迂回ルートになってしまったところのやや危ない下りの手前で、

木の根っこに左足を引っかけてしまい、

一気に左足全体にケイレン発生!

ここの下りで左足がケイレン地獄!

「ここでかよっ!」

とケイレンしながら危ない下りをなんとか下る。

以後、走れないことはないが少しペースダウンをして慎重に進む!

 

今熊山山頂までの階段ラスト5段でケツ筋が攣りそうになる。

今熊山の下りも遅々たるペースで進む、

スタートのときに一緒にいたメガネのにいちゃんが追い付いてきた、

先へ行くように誘導するも同じく攣りそうでヤバイとのこと…。

なんとか今熊山を下山する。

 

今熊山を下山したところに、

序盤で応援を頂いたTさんファミリーが再び登場!

本日2回目の大声援をいただく、1度ならぬ2度までとは非常にありがたいです。

 

変電所を過ぎて微妙な登り返し(ラスボス)を登りきれば、あとは下りとロードのみ、

最後まで気を緩めないように走り切り3時間34分台でフィニッシュ!

昨年よりも2分タイムを落としました。

あと総合順位が昨年よりも50位ほどダウン、

今年は昨年よりもレベルが少し高かったのかな?

 

反省

ゴール直前

天気も肌寒く、タイム狙いにはベストなレースだと思いました。

それよりも「ここ最近は走りに全然力が入らなくなったなぁ」と感じています。

疲労も抜けにくく、パワーも出ず、持病発症頻度も多くなってきているので、

ぼちぼちしっかりと体のメンテナンスをしなければと思いました。

 

来月のUTMF後をなんとか完走し、

以後は体の機能が正常に戻るまではレースは白紙、

今回獲得したハセツネ本戦優先エントリー権も使用するかは現状では微妙なところです。

まあ、6年前ぐらい前のフレッシュな気持ちと体の状態に立ち返るのも必要かなと考えています、

今回のハセツネ30Kでは上記の事を思ったレースでした。

 

昨日当たった「第12回ハセツネ30K優先エントリー権」どうしよう?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です