【トレラン】春の陽気に誘われ山で熊に遭遇したお話

Pocket

たまにはのんびりお山ハイキング

 

次のレースは4月26日(金)に開催される「UTMF」なのですが

3月31日(日)に開催された「第11回ハセツネ30K」以降、

お山に行ってトレーニングをしておりません!

ここ最近はお山へのモチベーションは絶賛だだ下がり中…

 

UTMFは距離が約160kmの超ロングの山岳レースです。

さすがに少しは脚に刺激入れをさせないと「DNF(リタイア)濃厚」なので、

昨日は付け焼刃で山に行ってまいりました。

 

ゆっくりペースで山を登り始めたのですが、

3週間ぶりの山は脚の筋肉・心肺の衰えを実感させ、

丘みたいな登りですら必死に登る。

 

現状の状態を受け入れながら、

のんびり歩きながら醍醐丸を目指す。

今熊神社に到着!

おおっ、ちょうど「ミツバツツジ」が咲いているじゃないですか!

天気も良いし見学者が多数いました。

今熊山を少し登ったところから撮影、

ミツバツツジの開花はピークを過ぎた感じがしなくもないですが、

見頃と言えば見頃なのかな?

山の斜面に映える「ミツバツツジ」は綺麗の一言に尽きます。

昨年も見て今年も見れて良かったです。

 

今熊山を登って入山峠、醍醐丸方面へ向かう、

すっかり山も若葉が芽吹いており、山は爽やかな新緑に彩られています。

ここ最近は体が思っている以上に動かなくなってきていて、

トレランに対しかなり気が滅入っていたのですが、

走らずにのんびり歩きながら山の変化を楽しむ

というのも良い気分転換になりました。

 

山桜?それともツツジなのかな?

とても綺麗に咲いていたので思わず撮影しました。

すっかり山は春めいていて気分が清々しくなります。

 

市道山分岐手前の開けたところ、

3週前のレースのときは寒々しい山の風景だったのですが、

すっかり辺り一面緑の風景に変わっていました。

ここの区間は唯一開放的な空間なので好きな場所です。

 

気分良く、のんびり歩きながら市道山分岐を醍醐丸方面へ進み、

体の動きや筋肉の使い方を確認していた矢先、

前方の藪からガサガサと音が聞こえてきました。

ちょうどこの頃はお昼をちょっと過ぎたぐらいだったので、

「ハイカーさんが昼食の準備をしているのかな?」

と思っていたのですが、

ガサガサという音が稜線上ではなく、

斜面から聞こえ周囲の草が揺れていたので、

よくよく見て見たら「何か黒い物体」が動いていました!

 

 

赤い丸を付けた辺り、おそらくクマかな?

ついに熊とご対面の時がやってきた模様です。

熊との距離もかなり離れており、熊は自分に気づいていないようなので、

 

「雄たけび」

を発動してみたところ

 

クマらしき生物は醍醐丸方面へ素早く逃げ去ってしまいました。

格闘には至らなかったのですが、

進行方向の醍醐丸方面へ逃げ去ってしまい、

これ以上進むと再び鉢合わせするかもしれないので、

本日の醍醐丸ご訪問は諦めて引き返すことにしました、

熊撃退スプレー 中型 ホルスター付 (全国の複数の国公立機関・地方自治体正式採用品) B-609-CS

 

山ではいつ、どこで熊に遭遇するのかわからないので、

上記の熊スプレーは常備した方が良いかもしれませんね…

 

 

 

帰路

 

何かのサポーターなのかな?

優しい誰かさんが木に引っ掛けてあったり

 

木に塗られている白いマークの連打を発見したり

 

 

今熊山の「野面積み」の美しさに感動したりして、

久しぶりにゆっくりのんびりといた山を楽しめたかなと思います。

今熊山山頂入口にある、

崩壊した石灯篭があったと思われる跡、

そして、

奥社の裏手にあった崩落した鳥居の名残、

今熊神社は昔は相当な権威をもった神社だったんだなぁと感じます。

火事で奥社が焼けずに残っていたら、

御岳神社や三峰神社などの神社として奉られていたかもしれないと思っています。

 

今熊山を下山し、

金剛の滝手前に何やらルート案内があるのを発見!

『上川ぶらり散歩』

検索してみたところ特にヒットなし、

「モデルコース」と銘打ってあるので、

これからの散歩コースとしてまとまったら公表するのかもしれませんね!

今熊山も金剛の滝もあるので見所満載だなと改めて思いました。

 

今週金曜日はいよいよUTMFです。

レース前に良い気分転換になったかな?と思います、

レースはのんびりゆっくり行くことにします。

 

わかりやすい神道の歴史

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です