【家庭菜園】家庭菜園始めました!2019(オクラ編①)

Pocket

オクラを育てる!

4月も下旬に差し掛かかり、

陽気はすっかり春めいてきましたね!

寒い日を乗り越え、暖かい日が続くと「家庭菜園」をやりたくなってくる今日この頃です。

15年前ぐらいかな?

まだ無趣味時代のときは家の敷地に畑スペースがあったので、

通年を通して野良仕事をしていたのですが、

「走ること」にハマったり仕事が忙しくなりと、

すっかり家庭菜園をやらなくなってしまいました。

 

しかし、

 

ここ最近は少し余裕が出来始めたので、

昔、頑張っていた「家庭菜園」を久しぶりに再開してみようと思います。

 

 

種を購入

家族の要望を聞いたところ「オクラ」「ゴーヤ」があると助かるということなので、

さっそく以下の種を購入してみました。

▼ 各種・種

【ゴーヤ】アタリヤ農園 種 にがうりゴーヤ 8ml

【オクラ】アタリヤ農園 種 オクラ 12ml

 

 

はじめに

いまの時期であれば近所のホームセンターに行けば、

育てたい苗が販売されていると思いますが、

昔から「種から育てこそロマンがある!」という信念が自分にはあるので、

苗は購入せずに種から育てるスタイルで頑張りたいと思います。

 

▼ まき時・発芽適温

「種まき」でまず大事なのは、

「種をまく時期」「発芽適温」を調べることから始めます。

 

ゴーヤ

【まき時】4月中旬~6月上旬

【発芽適温】25~30℃

 

オクラ

【まき時】4月中旬~6月下旬

【発芽適温】18~25℃

※種の袋の裏面に書いてある情報を参考に、週間天気予報にて我が街の天気と気温を調べます。

 

▼ 週刊天気予報で天候と温度を調べる

見る限りでは一時雨があるものの、

平均して見ると晴れの日が多い感じです。

気温も平均20℃前後で推移すると思われます。

 

以上のことを踏まえると、

 

ゴーヤは25~30℃が発芽適温なので、まだ種まきは早く、

オクラは18~25℃が発芽適温なので、ちょうど種まきに適しているようです。

 

今回は「オクラ」のみ種まきを実施したいと思います。

 

 

土作り

ますは「土づくり」なのですが、

栄養ある土を作るとなると大変なので、

「培養土」を購入します。

 

【培養土】

日清 野菜がおいしい土 5L

 

購入した「培養土」に石灰と化成肥料を混ぜて

3号ポットに土を入れて行きます。

 

【揃えた家庭菜園グッズ】

 

種まき開始

【行程】

土を入れた各ポットに3~4粒ずつ、

1cmくらいの深さにまきます。

 

近くにあった棒を使って、

深さ1cmほどの穴のなかにオクラの種を投入します。

 

写真には19ポットしか映されておりませんが、

全部で合計34ポット作成出来ました。

 

 

まとめ

15年ぶりに再開した「家庭菜園」

当時は家事消費でしたがキュウリ、ナス、大根、白菜、ほうれん草など、

色んな野菜を作っていたことがあります。

 

「オクラ」「ゴーヤ」も過去に作ったことがあり、

そこそこの出来栄えだった気がします。

今回はオクラのみで合計34ポット作成できましたが、

久しぶりなので全部に芽が出るとは思えないので、

10ポッドぐらいから芽が出れば良いなと思っています。

 

苗が出来て本葉が5~6枚になったら「植え付け」をすることになるので、

あまり時間がないのですが、ぼちぼち「畑の準備」にも取り掛からなければなりません!

野菜作りは大変ですが、

「自分が丹精込めて作成した野菜は、スーパーで販売されている野菜よりも若干おいしい」

と自分は思っているので、

最後まで気を抜かずに「野菜作り」を頑張っていきたいと思います。

 

【野菜作り】

イラストでよくわかる 改訂増補 はじめての野菜づくり12か月

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です