【トレラン】最近のトレランレースについて感じていること

Pocket

ちょっと腹の中に思っていることを書こうと思います

 

最近のトレランレースの運営って

適当

になってきている気がしませんか?

 

もちろん、

すべての大会というわけではなく

ごくごく一部の運営に「やる気」が感じられなくなってきている気がします。

 

大会を開催してただいて

走らせてもらえる場所を提供してくるのは

本当にとてもありがたいと思っていますし

運営の苦労というのも

ボラで参加している時に垣間見たり

実際にお話を聞いたりして

もの凄く大変だということを理解しているつもりです。

 

「感謝」が大前提で文句を言うわけではありませんが

なんというか

レース開催までとても苦労に苦労を重ね

実現に向けて寝る間も惜しむぐらいの頑張りがあったりして

大会も当然のように毎年開催出来きるようになってきている反面

反比例して「熱意」が減少してきている気がするんですよね…

 

詳しく例を挙げたいところですが

すぐにどこぞの運営のことを言っているのか(複数です)わかってしまうので

やんわりとしか書きませんが

前は頻繁に試走会など開催して大会をアピールしていたり

SNSなどで大会に向けての配信を頻繁にしていたり

大会の成功に向けての努力がもの凄かったんですけど

最近はほぼ皆無

SNSですらアピールもなく

いつの間にかエントリーも始まってて

「アレ?」って感じです。

 

実際にレースで走らせてもらっても

「どうしたの?やる気あるの?」

「これはないだろうよ!」

と思っちゃうことがしばしあります。

 

ランナーにはわからない面倒な部分があり

物凄い大変なのはわかりますが

トレイルランニングを盛り上げる!

という気持ちで大会を立ち上げたと思います。

 

いままで毎年楽しみに出場していたレースも

ここ最近は興冷めばっかりで「今後の出場はないな」って感じです。

大会が無くなってしまうのは寂しいですし

大会を盛り上げようと思う気持ちがあれば

微力ながら試走に行ってみて

ブログに感想などを書いても良いのですけどね…

 

偉そうなことをつらつらと書いてしまいましたが

たくさんの素晴らしい大会がいつまでも続いてほしいと思います。

 

富士山1周レースができるまで ~ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏 (ヤマケイ新書)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です