【FunTrails】FTR飯能50K試走(三回目)

Pocket

FTR飯能50K試走(三回目)

 

今週も性懲りもなくFTR飯能50K試走へ奥武蔵へ行ってきました。

FTR飯能50Kに出場するわけではないの

毎週毎週、奥武蔵へご来訪、今回で3週連続になります。

まあ特に行きたい山域がないので、

今はFTR飯能50Kコースで遊ばせてもらってます。

(来月から別の山域に行きます)

 

今回もスタート地点の飯能中央公園からスタート!

この日、天気予報では今季一番の暑さを記録するとのこと、

走り始めから既に強烈な暑さでした。

 

多峯主山経由で高麗峠へ向かう、

途中、西武線の車庫の上を通過します。

西武線お馴染みの黄色の電車から新型車両まで、

この日はたくさんの電車が停車しておりました。

 

高麗峠手前で何やらたくさんの人が歩いていました。

 

ゼッケンを着用した人にお話を伺ってみたところ、

「飯能新緑ツーデーマーチ」

に参加しているとのことでした。

昨日今日と猛暑の中でのウォーキング大会、お疲れ様です。

高麗峠~巾着田までの区間は一切走らず、

飯能新緑ツーデーマーチ参加者と一緒に歩かせていただきました。

 

蒸し暑いけれど巾着田、日和田山、物見山を順調に越えて行く、

先週、先々週と比べて、この日はあまりハイカーを見掛けず、

ボーイスカウトの少年達はたくさんいたんですけどね、

みなさん、猛暑予報で山に来てないのかな?

こんな暑い日のハイキングは熱中症になりやすいので、

余程の暑さ対策をしている人や熟練者以外は避けた方が賢明です。

 

北向き地蔵方面へ向かう分岐、

今週は道標の上に夏ミカンが置いてありませんでした。残念。

 

続いてユガテへ向かいます。

レース出場しないのだから、わざわざユガテまで下らなくても良いのですが、

ユガテまでの道中は意外にも水場スポットが点在します。

途中の小川で持参した手ぬぐいを水に浸して、

頭、顔、腕、体全体から噴き出た汗を拭います。

これをやるだけでも、体内に籠っている熱を下げることが出来るので、

今日みたいな熱中症になりやすい季節には有効です。

 

ユガテ手前の湧き水スポット

先日の大雨で気持ち水量が回復している感じでした。

500ml分の水を溜めるのには少し時間が掛かりますが、

強烈な猛暑日にはありがたかったです。

 

ユガテ、エビガ坂、顔振峠もなんなく進む、

先週は各所でたくさんのハイカーに遭遇したのですが、

本当、この日はほぼ遭わず、トレイルランナーなんて皆無でした。

 

暑いけど、なんとか八徳まで到着!

わざわざ住宅地まで降りて、高山不動尊まで登り返すキツイ区間ですが、

登り返すところから小川が流れているので、

ここも冷却スポットがあります。

 

写真の緑のホースが写ってますね?、

山から水を引いているホースで少し水が漏れています。

自分は毎度、ここの漏れた水で手ぬぐいを湿らせて、

体を冷やしてから高山不動尊まで登ります。

ここの場所以上には民家が無いので、

おそらく生活排水は含まれていないと思います。

 

八徳を順調に登り返し高山不動尊に到着!

自販機の横にある水道で使用させていただき、

ここでもまた体を拭いたり、頭へ水をぶっかけます。

 

先週の試走では、高山不動尊から関八州見晴台、飯盛峠方面へ向かいましたが、

行き着く先は通行止めなので、

今回の試走は高山不動尊から彩の国ルートを辿って「森坂峠」まで向かうことにしました。

高山不動尊の水場以降は、

西吾野駅周辺の自販機、子の権現の自販機のみ、

あとはゴール直前のロード区間にある自販機しかないので、

高山不動尊で持参した容器にたっぷり水を補給して森坂峠に向かいます。

 

パノラマラインを通って彩の国ルートで西吾野駅に向かいました。

一年ぶりぐらいに通りましたが、相変わらず細かいアップダウンあり、

「彩の国」優しくないルートばかりで最高です。

 

西吾野駅、午後14時着!

先週より1時間早く着くも、さすがに暑さがキツクなる。

自販機でペプシコーラ500mlの飲み干す。

 

 

北側ルートから森坂峠へ登る。

FTR飯能50Kでは南側から森坂峠へ登ってきます(写真2枚目)。

というわけで、ここから再びFTR飯能50Kルートに合流なので、

ゴール(飯能中央公園)までコースを辿りながら進みます。

 

途中の鉄塔、彩の国ではお馴染みですね!

順調に進んで行くも、吾野駅方面の林道に合流して、少し進んだ所で体が火照ってきてしまったので、風が通る涼しい場所を見つけ、少し体を冷却させる。

ゴールまで水場が無いのが本当に心配。大丈夫かな?

 

子の権現に続く一般道、

ここに出れば子の権現まであと少しです。

 

子の権現駐車場、おそらくここにエイドが設置されると思います(FTR100はいつもここの駐車場にエイドがある)。

境内には向かわずに東側にある登山道を進みます。

 

お久ぶりの飯能アルプス、一年ぶりぐらいか?

昔はよく反応から往復練習しに通ってました、

水場さえあれば良いトレーニング場なんですけどね…。

意外にも子の権現~前坂までの区間のアップダウンで苦戦する、

ここの区間はこんなにエグかったけ?

危ない箇所も多く点在するので慎重に進みます。

 

飯能アルプス・前坂

前坂は吾野駅にエスケープ出来る貴重な場所、

この先へ進むと天覚山からの東吾野駅まで離脱出来ないので、

ここで体調、持参した水の量、残りの体力、足の具合をチェックする。

大丈夫そうなので引き続き飯能へ向かいます。

 

『大高山』

昔はここの登りはキツと感じたけど、今回はそうでもなかった。

斜度はあるけど、そんなに長い登りでもないからかな?

 

相変わらず細かいアップダウンが続く飯能アルプス、

暑さも相まって徐々に体力を削られていきます。

 

嫌になるほどアップダウンを繰り返しながら天覚山に到着、

FTR飯能50Kのコースで一番気になっていたのが「天覚山~東峠」への下りです。

コースマップを見ると、東吾野駅方面の下りでもなく、天覚山山頂から東峠へ下るルートでもない、第三の下りルートがあるみたいです。

昨年のFTR100で使用していたのは知っていたのですが、

場所が何処なのかイマイチわからなかったのです、

今回訪れてみて、写真の木の間に下れるポイントがありました。

 

トレイルは意外にも踏み固めれていて、下りやすいややザレ場なトレイルです。

一般のハイカーさんとかここのルート使うのかな?

乾いていると下りやすいのですが、雨降ったら逆に滑りやすくなりそうです。

下り切って思った事は、

東吾野駅と東峠の中間ぐらいに出るので、

下るのであれば各々の近い方から降りると思うので、

ここはあまり使われないのかな?と思いました。

 

下りきったところです。

ここに東峠エイドが設置されると思います。

ここからロードを登って、飯能アルプス・永田尾根入口を目指します。

 

東峠登山道到着!

ここまでのロードの登りが長くて辛かった。

ここで本日の脚が売切れ状態、でもここを越えればほぼ終わりなので、根性で永田尾根を進む!

 

永田尾根も久しぶりだったのですが、

想像以上の細かいアップダウンにすっかりやられ撃沈気味…、

昔はここの細かいアップダウンを平気で走ってたんだけどなぁ、

走る気力無し、歩くだけで精一杯(マジで)、

軽い熱中症にかかっているのか、すっかりヘコヘロ状態、

時刻は18時となり予定していたゴール時間には全然間に合わず、無念。

 

ようやく住宅街まで出来て来れた時は少し感動、

もう少しで長かった飯能アルプスが終わります。

 

 

堤の横を抜ければようやくトレイル終了、

あとはロード走って飯能中央公園まで戻るだけです。

 

途中にある多峯主山、天覧山方面への登山口、

時間と体力に余裕があれば行くつもりですが、

本日は両方とも終了状態、

もう1mmも登りたくありません!

 

 

永田交差点を左折し、

あとはひたすら東に向かって走るだけ(途中、斜めに曲がるところはあり)、

本来であれば最後まで走るつもりですが、走れる力も気力もゼロ、

飯能中央公園までずーっと歩きっぱなしでした。

 

ようやくスタート地点の飯能中央公園まで戻ってきました。

本日の試走は9時間25分も掛かってしまいました。

このクソ暑い気温の中で何やってんだかです。

 

今回は高山不動尊~飯盛峠~森坂峠までの区間をカットしてこのタイム、

もし完全に周ることが出来れば11時間ぐらいかな?

苦しい言い訳ですが、

暑さに完全にヤられました。

暑さが無ければ8時間台でゴール出来たと思います。たぶん。

あと飯能アルプスに一切水場が無いのもキツかったです。

 

今回の距離43.5km、累積標高2564m(ガーミン)

公式発表では累積標高2312mになってますが、

今回カットした部分も含めれば、

累積標高2800mぐらいになると思います。

 

レースは6月15日、あと3週間後、制限時間12時間、

スタート時間が朝7時30分、

スタート直後はまだ良いかもしれませんが、

炎天下であれば暑さ慣れしていない人には地獄のレースとなるでしょう…。

コースをしっかり把握して、暑さ対策を万全に準備しないと苦戦は必至だと思います。

これから梅雨シーズン到来なので、

雨になる可能性もあります、本番までどうなることやらです。

これにてFTR飯能50K試走は終了!

 

おしまい。

 

アディダス (adidas) 軽量トレイルランニングシューズ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です