【ハセツネ】ハセツネ試走2019① 市道山撃沈編

Pocket

ハセツネ試走2019:1回目

 

今年で6回目の出場予定となるハセツネ、昨日は今期初のハセツネ試走へ行ってまいりました。

(というか普段のトレーニングでしょっちゅうハセツネコースに来ている)

 

快晴

 

3週間ぶりのお山、

とりあえず「第一関門・浅間峠」を目指して朝9時30分スタートする。

3週間前の大雨時と違い、すっかり夏日となってしまった週末、

「水1リットルだけ持参すれば浅間峠まで持つかな?」

と甘い考えをもって走り出すも、ハセツネの入口である”今熊山”で既に半グロッキー状態…

発汗過ぎないないように気をつけながら入山峠、峰見通りを進んで行く。

 

 

発汗に気をつけているものの、やはり台風一過後の山は蒸し暑く、

市道山分岐までに消費してしまった水は残り500mlのみ。

市道山分岐はハセツネコースの約11km地点、

「第一関門・浅間峠」は約21km地点、

残り約10kmを水500mlだけで持つのか?微妙なところだったので、

ギャンブルするには危険そうなので、今回は市道山で撤退を決断!

そのまま払沢の滝方面へ下山する。

夏の暑さを完全にナメきってました。

レースではともかく試走は常に水3リットルは持参した方が良いですね!

 

 

檜原街道をとぼとぼと歩いていると「檜原村役場」にて、

「ジャガイモまつり」というのが開催されていました。

交通誘導されている方に、

「無料でジャガイモを振る舞っているので立ち寄ってみて!」

と言われたので、取り敢えず立ち寄ってみることにしました。

 

 

 

ジャガイモ1つ丸ごと(味噌付き)&ポテトフライを御馳走になりました。

檜原村特製味噌をジャガイモが絶妙にマッチしていて、とても美味しゅうござました!

 

「男爵」「さやあかね」が各一袋¥200円で販売!

 

とても美味しかったので、家族へのお土産として購入しようと思い、我が家のジャガイモ事情を確認してみたところ、

「ジャガイモが大量にある!」

との返答で購入を見送ることにしました。残念。

美味しく食べさせていただいたのに申し訳なく…、

ジャガイモパワーを摂取させていただいたのでバスには乗らず、

炎天下の中、武蔵五日市まで走って帰路になりました。

 

 

檜原街道を武蔵五日市に向けて走っている途中で、最近メディアに取り上げられている。

総費用¥6,000万円の公衆トイレ

を見ることが出来ました。

さすが6000万、いい木材を使用していたそうです。

 

 

もうすぐ武蔵五日市駅直前の上町地区にてお祭りが模様されておりました。

しばし出囃子を鑑賞、最近、各地域に残る伝統などに興味を持ち始めています。

素晴らしい舞を見れて感激しました。

これから各地でお祭り・盆踊り等が開催されるので非常に楽しみです。

 

本日のお山は撃沈はしたものの、

檜原村・武蔵五日市のイベントに偶然にも遭遇出来て楽しかったです。

トレランに出会ってから各地のイベントに参加することが出来て、

新たな発見や学ぶことが多くなったと実感しています。

 

【今回の反省】

まだ体が全然暑さに慣れていない模様、発汗が凄く、着用していたものがすべて汗でびしょ濡れでした。

う~ん、定期的に山に通って慣れていくしかないのかな?

当分は暑さに耐えながらの山トレーニングになりそうです。

来週は市道山分岐以降を目指して頑張りたいと思います!

 

★ハセツネ大全

マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号「ハセツネ大全」 (別冊山と溪谷)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です