【トレラン】コース変更で楽になりすぎ?「第5回TOKYO八峰マウンテントレイル」!!

Pocket

第5回TOKYO八峰マウンテントレイル エントリー開始

 

昨日(8月5日)から『第5回TOKYO八峰マウンテントレイル』のエントリーが始まりました。

 

TOKYO八峰マウンテントレイル

【公式サイト】

http://tokyo-8mine-trail.org/

 

 

コース変更!?

昨年の大会ポスター

 

TOKYO八峰も今年で5回目の開催となるんですね!

5回目の開催になるのですが一度も出場したことがない大会、

家からそれほど遠くなくコースの半分はよく訪れる山域なのですが、

開催時期が毎年12月末頃なので、

暑さ寒さに弱い自分には12月末は無理!

 

特に最近は寒さに本当に弱くなり、

12月のトレイルレースは自分の中では「無謀」に位置するようになりました。

というわけで毎年スルーしています。

 

昨日、SNSにて「今年はコースが若干変更している!」との報があり、

「まさか」と思いながら調べてみたところ、以下の部分が昨年と変更になっておりました。

 

▼ コース

夕やけ小やけふれあいの里→醍醐林道→和田峠→陣馬山→小仏城山→大垂水峠→草戸山→四辻→落合公園(フィニッシュ)

【詳細マップ】https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=fbe58e2a87ea9e786e5639199ca0e74d

 

あれ?本当だ!峰見通りが醍醐林道に変わっている!?

スタートからいきなり醍醐林道を通って和田峠に行くルートに変更されてます。

過去大会は峰見通りを通って和田峠に向かうルートだったんですけど…、どうしたのかな?

考えられるのは、

 

入山トンネル横から入る登山道の渋滞?

峰見通りはほぼシングルトラックなので随所による渋滞で関門アウトになるから?

序盤で既に疲弊しきってしまうから?

峰見通りにてケガ人が続出したから?

 

自分ふと思い浮んだのは以上の感じです。

 

それとも何かクレームでも入ったのかな?

峰見通りは完全に八王子市なので、協賛している八王子市からの指摘は考えにくいし、

東京都自然公園利用ルール違反なら陣馬・高尾区間の方が色々とありそうな感じがするしねぇ…、

(ハイカーからのクレームも和田峠以降から多発しているみたいだし)

正直、コース変更の理由はよくわかっておりませんが、

言えることはレース強度がかなり緩くなっちゃったなぁと思います。

トレイルの細かいアップダウンが無くなって林道の長い登りに変更ですからね、

スタート~和田峠までの関門まで1時間30分もあるので、

おそらく歩いてでも関門に間に合うと思います。

これゃまたロードが強いランナーが有利にですな!

いまのハセツネ30Kみたくなってしまいましたね…。

でもトレイル初心者にとって良いレースにはなったと思います。

 

しかし、トレイル名に連ねている「八峰」はどうなるのだろうか?

「8つのお山を越える(巻き道含む)」が大会コンセプトだったはず、

今回で市道山と醍醐丸は完全に行かないよね…、

高尾・陣馬周辺の山でカバーするのかな?

 

というわけで今年から以上の感じで「第5回TOKYO八峰マウンテントレイル」は開催されるようです。

変更はどうあれ、出場された選手のみなさまからは毎年高評価の大会です。

2019年度、締めのトレイルレースとして参加してみてはいかがでしょうか?

 

★お得な「八王子パスポート」

⇒  八王子パスポートVol.12

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です