【落石】これから富士山へ登られる方へ

Pocket

登山と落石

 

先日、富士登山にて山頂付近の落石により、

29歳のロシア人女性が亡くなられたという悲しいニュースがありました。

 

「胸部などに落石が直撃した」により死亡とのこと、

今回の事故現場がどこであるか定かではありませんが、

富士山山頂付近には落石を防いでくれる木々や岩石が少なく、

落石があると止め留めなく転げ落ちてしまう地形です。

 

砂礫の斜面

 

現在、富士山では富士登山シーズンが到来中です。

昨夜、Yahoo!にて以下の『富士登山及び他の山での登山でも心得ておきたいマナー』について、

とても良い記事が紹介されていたので紹介しておきたいと思います。

特に富士登山をこれから考えている方は一読をお薦めします!

 

【関連サイト先】落石事故は富士登山だけに起きるわけではない。我が身を守る安全マナー

 

自分は富士山へは富士登山競走も含め毎年登らせていただいてます、

実際に登山道ではないところで落石している現場を何回か目撃しています。

下山道でも落石箇所が何か所も見られ、富士山は本当に危険な山だなと感じます。

 

実際に山梨県富士吉田市では数年前から富士登山にあたりヘルメット着用を呼び掛けています。

 

▼7月1日の山開き前の記事(2019/6/19)

▼ 死亡事故が発生後(2019/8/28)

 

富士吉田市のヘルメット着用の熱意は凄く、

ほぼ毎年出場している富士登山競走においても、

昨年は6合目にて参加選手に無料でヘルメットを貸出ていました。

実際に借りたのは3~4名だけだったようです。

※自分はお借りして無事に山頂まで完走しました!

 

着用しない理由としては「重い」「蒸れる」「格好悪い」といった声が多いようですが、

実際に着用してみるとそうでもないですよ!

ちょっとした手間かもしれませんが「ほんの少しの手間だけで命を守れる」ならば、

富士山及び森林限界を越える登山ではヘルメットを着用を癖づけてみてはいかがでしょうか?

 

★帽子インナー型ヘルメット

 

★登山用ヘルメット

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です