【レビュー】ヘッドライト『Energizer(エナジャイザー)ハードケース プロフェッショナル』について

Pocket

Energizer(エナジャイザー)

 

【Energizer(エナジャイザー)】

自分がハセツネを始めとして数々のナイトランにて使用し続けているヘッドライトです。

ハセツネ挑戦時に近所のアウトドアショップのセール品で販売されていたので購入、

単三乾電池×3本使用

点灯照射時間:ハイモード14時間 / ローモード32時間

高い防水性能

頑丈設計

 

長持ち、防水、丈夫

当時の自分はハセツネの走力もよくわからない状態、

電池交換せずに夜明けまで光量が維持出来ればいいや!ってことで、

ハイモード14時間に物凄く魅力を感じてた思い出があります。

当時はルーメンの意味はさっぱりわかりませんでした!

 

 

プロ仕様のタフ設計!エナジャイザー 高感度4LEDヘッドライト

楽天ショップにて詳細画像が残されていたので引用させていただきました。

しかし何ルーメンか書いてねぇ!

100m先でも満月並みの明るさに照射

ライトの明るさの表現がこれしか書いてないのに驚きました!

 

このヘッドライトを購入してちょうど6年になりますが、

ライトの威力こそ弱くなってきていますが、

防水・頑丈を謳っているだけあり壊れたことは一度もありません!

トレランでタイムアタックやスピードレースでは、

ルーメンの弱さと重量を考えると適しているとは言えないヘッドライトですが、

100km~100mileぐらいの超ロングレースで、

とにかく完走でゆっくりペースのランナーには良いと思います。

現に「彩の国100mile」「ONTAKE100」ではちょうど良かったです。

 

【ベルトは3本で頭部を固定】

 

【エネループ×3本使用】

 

先日のナイトランで光の弱さにいよいよ寿命を感じたので、

ここで新しいライトに買い替えてしまいますが、

本当、6年間一度も壊れることなく、100mileレースでも一度も電池交換せずに、

良くぞ頑張ってくれたと思います。

これからは万が一の場合の為に、予備ヘッドライトもしくは災害時、トレイルラン関連ではない登山などで使用していきたいと考えています。

 

ちなみに6年も経つと流石に新商品が開発されておりまして、

エナジャイザー公式ホームページを拝見すると以下のヘッドライトが発売されています。

▼商品概要

1.単3形アルカリ乾電池×3本使用(お試し用乾電池付属)

2.用途別6つのLED

3.耐衝撃性能 7m落下試験パス

4.防水設計 全方向からの水しぶきにも耐える(IPX4)

5.収納式拡散レンズ

6.100m先でも満月並みの明るさに照射(350ルーメン)

 

6年前に購入した時よりさらに強化されているようです。

325ルーメンもあればハセツネ完走狙いであれば問題なし!

ヘッドライトも上を見ればきりがない商品なので、

初めははある程度のヘッドライトを購入してみてから、

明るさ・軽量・値段などを検討してみるのも良いかと思います。

特にこれからのトレラン初心者やハセツネなどのナイトランに初出場する方は是非お試しあれ!

エナジャイザー LED ヘッドライト ハードケース (明るさ最大325ルーメン/点灯時間最大22時間) HCHCL325

 

【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック スタンダードモデル BK-3MCC/4SA

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です