【ソックス】トレラン用ソックスを模索中!

Pocket

悩むソックス事情

 

日々走っているとすぐにソックスが消耗してしまうことは当然のこと、

普通の靴下と違い、走る時はちゃんとしたランニングソックスを履くことは必須!

しかし、

ランニング用ソックス1足だけでもそこそこ値が張るものが多い、

特にトレラン用ソックスとなると1足4,000円ぐらいが当たり前になってきます。

 

お財布事情が厳しい者としては、

上記のような高級品を購入することはほぼ皆無、

『安くて丈夫なもの』

を常に探し求めております。

 

現在、愛用させていただいているのは「ワークマンの滑り留め付き5本指ソックス」です。

 

3足で980円という驚くべき価格!

しかも5本指で滑り留め付きというのが非常に良いのです。

しかし、ランニングやトレラン等の激しい動きを要するスポーツでは、

耐久力に定評のあるワークマンでも、

山3~4回の使用で穴が空いてしまうこともしばしあります。

しかもショートソックスなので、

くるぶしに切り傷が起きることもあります。

やはり山では耐久力・頑丈性があるソックスが欲しいところです。

 

頑丈で丈夫なトレラン用ソックスと言えば、

ドライマックス(drymax)

 

これは素晴らしいソックスですね!

過去に3足ほど購入し約4年間使用しようさせていただきましたが、

3足ともつま先に穴が空いたことがありません!

足全体に頑丈な生地を使用しており穴が空くことはほぼ皆無、

4年使用し続けると、さすがにくるぶし~足首の部分が少し柔らかいドライ生地だったので、

そこから穴が空き廃棄となってしまいました。

 

先日の大岳山修行の時、

ワークマンのソックスがどれも瀕死状態だったので、

密かに捨てずに残していたドライマックス(drymax)を久しぶりに履いてみたのですが、

 

やっぱり凄い、このソックス!

 

明け方頃に雨が降ってきて至るところに水溜まりが発生し、

何か所かでダイレクトに水溜まりに足を突っ込んでしまったのですが、

ドライ(DRY)の名が付いてるように、

水に濡れて不快になってしまった足も、

ソックスがすぐに水を吸収し良い感じで履き続けられることが出来ました。

『ドライマックス=頑丈、水捌けが良い』

最高のソックスなので、久しぶりに購入しようと思ったのですが、

なんか以前よりもお値段が高くなったような気がするのは気のせいか?

 

昔は足首まで覆えるモノで2,000円以下だった気がするのだが、

お財布事情をかなり厳しい現状としては、

正直、購入は厳しい感じです。

何か変わりになるようなソックスを探してみたところ、

 

AONIJIE ソックス」を発見!!

 

▼商品概要

素材構成:57%ウール+23%ポリエステル+14%弾性繊維 +2%ナイロン

【抗菌防臭】綿以上の速乾性を持つウールを採用したこのスポーツ専用ソックスは、

抗菌防臭の加工をされて、足の湿気や汗を素早く吸収、臭いを抑えます。

 

ウールが約半分とはいかに?

見た感じでは重要な部分にポリエステルと弾性繊維を使用してそうです。

 

かなり快適性、通気性、クッション性を全面的に推しており、

しっかりとしたソックスな気がします。

う~ん、ちょっと面白そうですね!

ドライマックスも良いのだけれど、久しぶりに冒険してこのソックスを購入してみても良いかもです。

というわけで、

さっそくポチりました。

 

 

今週末も山予定なので、さっそく使用してみたいのですが、

おそらく間に合わないでしょう。

届き次第さっそく使用してみて、後日、使用感のレポブログをあげたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です