【奥多摩】台風19号によるハセツネコース被害(第2報)

おすすめ記事

Pocket

続・ハセツネコースの状況について(第2報)

 

10月17日(木)にハセツネ公式ホームページより、

ハセツネコースの被害状況の報告ページが立ち上がりましたが、

10月20日(日)に第2報の被害状況について更新されていました。

【参考サイト:ハセツネ公式ホームページ】

 

以下、20日現在のコース及び林道などの状況とのことです。

【公式ホームページより引用】

ハセツネ30Kコースの調査を行いました。

林道部分では崩落や倒木などによる大きな被害がみられます。

引き続き登山道へのアクセス道路が通行出来ない為、

試走は自粛して頂くようお願い致します。

 

【コース】

1.スタート→市道山分岐

コースの通行に問題はありません。

ただし市道山分岐(約11km地点)から、よめとり坂経由笹平バス停への登山道は途中の橋が流失しているため通行出来ません。




画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然、水

2.白岩の滝分岐→フィニッシュ

登山道への土砂の流入などみられます、通行に注意が必要です。
3.ハセツネ30K篠窪峠分岐(第1関門)から醍醐集落までの林道は倒木により通行出来ません。





4.ハセツネ30K復路の醍醐林道からトッキリ場方面への盆堀林道上りは法面崩落により通行出来ません。



5.ハセツネ30K往路(北沢峠入口)

土砂などの流出により通行困難です。
6.ハセツネ30K往路

醍醐の15kmポストより先は倒木により通行出来ません。
7.ハセツネ30K復路 今熊神社(山頂)→変電所前

登山道への土砂の流入などみられます、通行に注意が必要です。

 

【林道】 

8.ハセツネ30K往路の盆堀林道(入山峠)

あきる野市側は起点から2キロ先で倒木の為に通行止め。

八王子市側は法面の崩落、路面陥没の為に通行止め。
9.醍醐林道(森久保)

ハセツネ30K篠窪峠(第1関門)からの林道下り部分は倒木や崩落などがあります。

また和田峠への都道も通行止めが続いている為、通行出来ません。
10.鋸山林道(大ダワ)

路面破損の為、通行出来ません。
11.星竹林道(金比羅)

特になし
12.刈寄林道

森林事務所により被害確認中
13.笛吹林道

路肩崩壊の為、通行出来ません。

 

【道路】

14.瀬音の湯、都民の森方面

檜原街道 採石場前の道路崩落箇所については、片側交互通行にて路線バス(数馬行き)は中型バスで運行を再開されました。
15.つるつる温泉方面

武蔵五日市駅~つるつる温泉行きのバスは岩井止まりです。石山前~つるつる温泉間は道路崩落により運休中。

 

まとめ

台風19号が甚大な爪痕を残してから約1週間経過、

ハセツネ30Kコースの後半である第1関門(篠窪峠)周辺から、

台風被害が酷い状況になっていると思います。

特に林道への土砂崩れや倒木は凄いことになってますね。

思っている以上に醍醐林道の被害状況は深刻な感じ、

2か月後に開催されるTOKYO八峰マウンテントレイルの開催危ないのではないでしょうか?

今年のレースから醍醐林道を登って和田峠に向かうコースに変更になったはず、

写真をみるかぎりでは整備に時間がかなり掛かりそうな気がします。

各所の被害状況を拝見すると、

試走はまだまだ自粛した方が良さそうですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です