【ハセツネ】醍醐林道の被害により2020年の「ハセツネ30K」は開催出来るのか?

Pocket

醍醐林道、修復に時間がかかりそう…

 

TOKYO八峰マウンテントレイルさんのホームページを見て見たところ、

醍醐林道の被害状況を鮮明にレポされているので、

一読されると良いと思います。

【TOKYO八峰マウンテントレイル公式ホームページ】

 

アスファルトが陥没し下が部分的に空洞化、

陥没やヒビ割れがない部分も下が空洞化しているのか、

アスファルトが揺れたり音が鳴ったりする状態です。

また、土砂崩れや倒木が複数の場所で見られ、

林道を塞いでしまっています。

 

醍醐林道、台風被害で思ってた以上にボコボコにやられてしまってるようです。

ちと早いかもしれませんが、

来年のハセツネ30Kは開催出来るんでしょうか?

毎年、レース後半で醍醐林道下ることになってます。

 

写真を見る限りではアスファルトが液状化してるように思えますし、

これから倒木処理やアスファルトの補修や基礎の打ち直し等に取り掛かったとしても、

調査、計画などにも時間がかかると思われるので、

修復作業はおそらく醍醐林道全域と考えると、

ハセツネ30K開催まで約半年時間があるけれど、正直、半年時間があっても間に合わないと思います。

それに盆堀林道でも数か所で土砂崩れが発生しているみたいですし、

コース全体を見る限りでは、

例年のコースはとても走れるように思えません…。

 

開催するとなると、

一昨年みたいに「ハセツネ17K(武蔵五日市側)」もしくは「新コースを作る」

上記2択しかないんじゃないかと思います。

過去のレースでは全て醍醐林道を使用しているはずなので、

醍醐林道を使わずに30kmほどの距離を用意出来るのかな?

 

来年からハセツネ30Kには出場しない予定ですが、

新コースが出来るなら話は別、

適当な人間なので前言撤回は容易にしてしまう性格です。

でも、ハセツネ17Kだと思う。

 

これから寒くもなりますし、

雪が降るようならば二次災害が起こりうる可能性もあるので、

春先のレースも開催出来るのか?

とりあえず、

これ以上の被害が無いことをお祈りしたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です