【ネジ】M4×35mmのネジを求めて! ~ 北欧製戸棚との戦い

Pocket

ネジ話

 

※今回のブログはトレーニングとは一切関係ありません!

 

我が家にある北欧製の戸棚に付いている取っ手が数年前から頻繁に外れるようになりました。

簡単に言うと取っ手を使用しての開閉出来なくなってしまったのです。

【今回の主人公である”取っ手”】

戸棚の作りは、

『戸の内側からネジを通して取っ手を固定するタイプ』

反対側にボルト固定するタイプではないので、

「開閉動作を数十~数百回やればネジ穴がいずれ擦れて取っ手を固定出来なくなる」

という懸念があり壊れたのだと思いました。

 

【穴と穴の間隔は128mm】

 

ネジ穴がダメになり取っ手を固定出来なくなったので、

数日前から同じような取っ手を見つけるべくAmazonを頻繁に探索しておりました。

最低条件として取付ピッチ(mm):128mm(取っ手の穴と穴の長さが128mm)であれば良いと思ったのですが、

なかなか既存の北欧製戸棚とマッチしそうな取っ手が見つからず…。

 

 

自分としてはこれが良さげだったのですが、

周囲は「既存の取っ手と同じ感じを」とのことで却下、

自分としても新規購入ではなく、

「既存の取っ手をなるべく無駄にはせずに再利用出来ればなぁ」

と色々調べ直してみたところ、

既存の取っ手のネジ穴の深さが約20mmあることが発覚!

【これでも深さ20mmあります】

 

使用していたネジの長さは20mm、

 

戸棚の幅は約15mm、

 

わずか5mmのみで取っ手を固定していたことが判明しました。

取っ手に約15mmもネジ穴に余裕があったとはね(未使用部分)、

北欧家具よ!やってくれるじゃねぇか!!

 

【ネジ20mm−戸棚幅15mm=5mm部分だけで固定】

 

ネジ穴の入口5mm部分だけがダメになっただけなので、

「残りの15mm部分までネジ穴をきっちり埋めれれば既存の取っ手を再利用出来る!」

と思い、

『M4(ネジ幅)×35mm(長さ)ネジ』

を購入してみることしました。

 

 

ステンレス製M4×35mm 4本入(ボルト付)

そして本日ようやく購入!

近所のディスカウントストアで購入してまいりました。

※Amazonにもあったのですが送料無料になるまで購入したい商品が見つからず…

 

 

「ステンレス製M4×35mm 4本入(ボルト付)」

ネジが4本入ってお値段たったの¥168円(税込)とは安い!

【コメリで購入】

 

自分の計算が正しければ35mmネジできっちり収まるはず!

数学が大苦手なので帰宅するまで超不安でした。

「5mm余裕を残してM4×30mmを購入した方が確実だったのでは?」

とネガティブ思考になりながらも恐る恐る取り付けてみたところ…

 

ピッタリ固定完了!

別にボルトは使用しなくても良かったのですが、

ネジを回す所がなめて取れなくなったときの為に、

六角レンチで回せるように保険をかけておきました。

 

【完璧】

ネジが4本あったので、

まだ問題ない扉の方のネジも交換し直しました。

長年い渡り「どうしたものか?」と思っていた取っ手問題も、

ようやくこれにて終了となしました。

値段も安く抑えられたし、

何よりも既存のものを再利用出来るて良かったです。

 

 

まとめ

シンワ測定 直尺 ステン 15cm JIS1級 赤数字入

無事に終わればどうってことない出来事なのですが、

「あらゆる可能性を探ることの大切さ」を学びました。

新規の「取っ手」を購入するしかないと思っていたのが、

まさか20mmもネジ穴に余裕があり、

M4×35mmネジを購入するだけで万事解決だと思いませんでした。

 

「どうして最初からM4×35mmネジで固定してなかったのだろうか?」

 

う~ん、謎だ!

20mmネジでワザと5mmだけの設置にしておいて、

修理や再購入を促すように”罠”を仕掛けていたのかなと、

しかし、

今回の件で北欧家具を細かく調べたのですが、

他にも色々と取付が悪いところが浮上してきてます…。

見た目はとても良い戸棚なのですが、

機能性がやや残念ところはある。

長年使用するものには「デザインより機能性」とは言ったものです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です