【ハセツネ】第12回ハセツネ30Kのコース変更&大会概要を見た!

おすすめ記事

Pocket

まさかの戸倉三山コース!

 

「第12回ハセツネ30K」エントリー開始の前日の夕方、

公式ホームページのトピックスに【第12回ハセツネ30K】コースおよび大会実施要項変更なる記事がアップされておりました。

変更にはすぐ気づいていたんですけど、

今回のコース変更と大会実施要項を見たかぎり、

ちょっと思う所があったので本日までブログを暖めておりました。すいません。

 

 

コース変更

さっそく本題、

ざっと第12回ハセツネ30Kのコースおよび大会実施要項変更を見て思ったのは、

まさかの戸倉三山コースを使用するという意外な展開に驚きました。

【代替コース】

リバーティオ会場→小和田橋→五日市警察署前→黒茶屋前→沢戸橋→新久保川橋→新高橋→フラワー通り→西戸倉地区会館→城山→荷田子峠→グミ御前→臼杵山→市道山→ヨメトリ坂→小坂志林道→ゴロハチ林道→醍醐峠→市道山分妓→市歩地→弾左右衛門峰分岐→トッキリ場→入山峠→今熊山頂上→金剛の滝上→変電所→日向峰分岐→広徳寺→リバーティオ会場

引用先:【第12回ハセツネ30K】コースおよび大会実施要項変更

 

台風19号の林道災害の復旧が進まず1月26日の時点で東京都より林道使用不許可の通知が届き、コースを急遽戸倉三山に変更とのことです。

代替コースで今回抜擢された「戸倉三山」行ったことある人はどれくらいいるのだろうか?

自分はトレーニングで頻繁に行くのでお馴染みな場所なので”お馴染み”なのですが、

今回のハセツネ30Kは例年のコース半分が林道という生温いコースとは違い、走れるところもあまりなく、アップダウンの厳しいコースになりました。正直、初心者に向いてないと思います。

 

 

※レースコースとなる登山道の一部(城山への登山道の崩落、ヨメトリ坂から笹平への橋の流出)が現在も修復工事中です。この区間は通行禁止となっており大変危険ですので立ち入らないで下さい。

現在、市道山~笹平方面へ下るルートは、下った先にある橋が台風19号により崩壊してしまった為に通行不可となっています。

復旧するまで市道山から笹平へ降りるのはやめましょう!

 

ちなみに流される前の橋は以上の写真です。

川も深い箇所もあるし、無理矢理川を渡って向こう岸まで渡ったとしても、対岸の崖を登るのは厳しいと思います。

 

試走したい場合

十里木交差点

公式ホームページにも以下のところは修復中なので試走をする際は行かないようにしましょう!

※レースコースとなる登山道の一部(城山への登山道の崩落、ヨメトリ坂から笹平への橋の流出)が現在も修復工事中です。

無理に修復箇所を通過して、いまよりもコースを痛めてしまい、レースが開催されないという可能性もあるので、工事完了まで待ちましょう。

どうしても試走をするならば、

①十里木交差点からコースへ入る。市道山~笹平は行かずに市道分岐まで行ってグルっと試走する。

②武蔵五日市駅からバスに乗り『笹平』で下車してコース後半を試走する。

以上の感じがよろしいかと思います。

 

 

出場せず

今回のハセツネ30K、思ったとおりコース変更になり、例年の”コース半分が林道”の生温いレースとは違い、

急登多く、細い登山道を行き、走れるところがかなり少ない、

正直、トレラン慣れした人にとっては”面白いコース”なのですが、自分は出場しません!

理由は昨年の運営と某選手達の態度が最悪だったことによる興醒めもあるのですが、

実はレース当日に第39回佐倉朝日健康マラソンに既にエントリーしている為、

そもそも出場出来ないことが発覚致しました!!!

昨年の「最悪の態度」はともかく多くの知り合いが出場するので、

久しぶりに会うみなさんに「ご挨拶」とは思ってたんですけどね…、そこは残念です。

 

でもね、

今回の大会要項を確認すると、

大会完走者の男子600位以内、女子50位以内の選手は「第28回日本山岳耐久レース長谷川恒男CUP大会」への優先エントリー権を獲得できます。

 

今回はコースの関係なのか、例年に比べ募集人数が少ないとのことです。
優先エントリー権も「男子1000位→600位、女子100位→50位に変更」になってます。
ということは、
6月1日の「ハセツネ本戦クリック合戦の枠が約450人分空くということになる」ということになるのかな?
クリック合戦に失敗したらKOUMIもしくは他のレースを頑張ります!
とりあえず、戸倉三山コースの試走には行く予定、特に笹平~醍醐峠は未知なので楽しみです。
当日、応援に行けないけど出場される選手の方は頑張ってください!かなりキツイと思います!!

余談

今回は「戸倉三山」がコースになるのですが、正直、ちょっと微妙な感じ、

ハセツネ30Kの時期の一般登山者は、峰見通りや醍醐丸などに多くのトレイルランナーが出没するので、

戸倉三山(主に市道山、臼杵山)でのハイキングを楽しんでいる人が多いのです。なるべくトレイルランナーに遭遇したくない為。

※実際、過去にハイカーにお聞きしました。

今回、戸倉三山がコースになるのでハイカーの方々がかなりびっくりされるだろうなと、

あと、このコースはかなり登山道が細く、危険な箇所も多々あるので慎重に進まないと危険な箇所もあります。

最近のトレイルランナーは危ない思考の輩が多いしマナー最悪の奴もいるので(自分も含む)、

ちょっとそこらへんの事が心配しております。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です