【考察】新型コロナウィルスにより今後のレース開催どうなるのだろうか?

Pocket

東京マラソン暗雲立ち込める

 

昨今の新型コロナウィルスが本格的に猛威を奮っております。

今年度の東京マラソンにどうやら暗雲が立ち込め始めて来た模様!

 

本日、専門会議にて「不要不急の集まり避けて」との呼びかけがありました。

 

「不要不急の集まり避けて」

正直、いまこのような事態になっているときに、マラソン大会開催は世間体に宜しくないかと思います。

昨日も各地でマラソン大会が開催されマスクをした参加者が多かったことや、

主催者側からマスクの配布もあったとのことです。

「これは東京マラソンは開催出来ないんじゃね?」

と思いながらブログを書いていたら…

 

あれよ!「一般参加中止」だってさ!!

※エリート枠はやるそうです。

賢明な判断だと思います。

今月23日の一般参賀も中止とのことですし、マラソン大会なんて尚更無理だと思う。

しかし、東京マラソン一般参加者の中止判断をしたことにより、今後の大会にも波及しそう…

自分は来月末に佐倉健康マラソンにエントリーしてますが、東京がダメなら無理だと思っています。

他にも来月はハセツネ30K、小江戸大江戸200K、神宮外苑24時間走、

ここら辺の大会もどう判断をするのか?

さらに4月・5月の大会まで影響する可能性もあったりするのか?(UTMFとか彩の国など)

ウィルスの消息というか底がいまだに見えない状況、

これは長引きそうですな

 

「不要不急の集まり避けて」

 

お上からのお言葉は重くのしかかります。

マラソン大会やトレラン大会は人が集まりますからね、しかも人の密集だし、ゴール後は免疫力低下で感染しやすい状態。…

様々なイベントも既に延期・中止の判断をしているし、

しばらくレース関連は厳しくなると予想されます。

それよりオリンピック大丈夫か?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です