【多摩湖】花粉症と多摩湖30kmで感じたこと

Pocket

花粉症と多摩湖30km

 

昨日今日と花粉症がキツかった。

特に昨日の春一番の土ぼこりが舞うような日は完全にアウト!

あのような風を一瞬でも浴びただけで終了、

その日は鼻水と涙で一日ダメ決定です。

 

今日は昨日に比べ風も弱く暖かい日でした。

午前中に走りに行きましたが、気温上昇を考慮して半袖&短パンで大丈夫な感じ、

今日もお馴染み多摩湖をジョグペースで走る。

今回は久しぶりに30kmジョグを実施、

平日に20km走ることは多々あるので「久しぶりでも30km余裕で走れるだろ!?」と思っていました。

エンジン掛かるまでは1km/6分30秒ぐらいでしたが、4kmぐらいから1km/5分30秒~6分ぐらいになる。

序盤は余裕で走っていたものの、20kmぐらいから嫌~な疲労感が発生!

嫌な感じが出始めて無理に走り続けると、先月まで苦しんだ”不調”に発展するのがいつものパターン、

「どうしようか?やめるか?」と悩んだものの「まあ、いいや!」ということで、意地で30km走り切って終了!

多摩湖 30km 2時間51分ほどでした。

 

疲れたよ!

帰宅後、しばらくは動けなかったです…

まだ走り慣れていないだけかもしれませんが、とにかく30kmキツかったぁ、

しかし、

今日の多摩湖はランナーは少なく感じました、

休日の昼前の多摩湖はいつもランナーが多いのですが、

本日は先週よりも3割減という感じでした。

なんだろうか?

やはり新型コロナウィルスの拡大の影響による、

マラソン大会が中止になったによるショックで、

走る目標・気力が無くなったからなのかな?

 

今日は本来であれば「いわきサンシャインマラソン」「姫路城マラソン」などが予定されていましたが、

ほとんどのレースは中止に追い込まれてしまいました。

一概には「中止」が原因とは言えませんが、

多摩湖がね、ちょいと暗い感じなのが少し寂しく感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です