【開幕】TOKYOデザインマンホールモバイルスタンプラリー

Pocket

TOKYOデザインマンホールモバイルスタンプラリー

 

COVID-19(新型コロナウィルス)感染拡大防止の為、様々なイベントが中止・延期へと追い込まれ、

感染が拡大しない為に、お上から「不要不急の外出以外は控える」といった風潮が、世間にすっかり浸透してしまっています。

確かに感染拡大は脅威であるし、現時点では感染者が日々増加傾向であり、感染者を止めることすらままならない状況、

有効な対策やウィルス打開の道筋が見えるまで、大人しくしているのが賢明ですが、

ただ、何もしないでジッとしていても経済が冷え込んで大不況になるのは必至!

3月に予定していたイベントも立て続けに中止とのなってしまったので、

何か自主的に出来る事はないか?週末にいろいろ調べてみたところ…

 

ポスターの画像

 

密かに『TOKYOデザインマンホールモバイルスタンプラリー』なるイベントが開催されていることが発覚!

【開催期間】

令和2年3月8日(日曜日)から令和2年5月11日(月曜日)

【概要】
  1. 都内のデザインマンホール蓋42か所にスタンプラリーポイントを設定します。
  2. ポイントを巡ると、デザインマンホール蓋のデザインのデジタルスタンプを獲得できます。
  3. 全部スタンプを獲得すると、デジタル認定証をダウンロードできます。
  4. ポイントに応じて、抽選で景品をプレゼントします。
  5. 景品は以下を予定しています。
    • スタンプ10個 デザインマンホールをモチーフにしたコースター(3,000名)
    • スタンプ全て デザインマンホールをモチーフにした置き物(300名)
    • 合計3,300名にプレゼント

【モバイルスタンプラリー参加の際の注意事項】
  1. 歩きながらのスマートフォン等の操作は非常に危険ですので、絶対におやめください。
  2. スタンプラリー期間中、景品への応募は、各景品につき、お一人様1回限りです。
  3. 景品とするデザインマンホールのデザインは都で決定します。
  4. また、やむを得ない理由により、景品を変更する可能性があります。その旨ご了承ください。

詳細:(一部中止)アニメ等を活用したデザインマンホール蓋のモバイルスタンプラリー等の実施について

PDF: 別添(PDF:763KB)

 

「東京都多摩エリア」「東京都23区エリア」に分かれており、全部で42カ所でコンプリートとのことです。

全部回ればデジタル認定証がもらえるのと、抽選でコースターやらデザインマンホールをモチーフにした置物が抽選で当たるかも?です。

最西端は武蔵五日市駅周辺で最東端は小岩駅あたりかな?

東京都多摩エリアは何とか回れそうだけど、東京都23区が面倒かな…、

基本はランやバイクで攻めて、遠いところは電車に乗ってランで巡っていく感じがいいかもです。

 

3月のレース予定が軒並み中止、予定が何も無くなってしまったので、ちょうど始まった「スタンプラリー」で3月は楽しもうかなと思っています。

私的に良いなと思ったのは「武蔵五日市駅」が含まれているところ、

マンホールゲットの為に武蔵五日市を訪れ、すっかりご無沙汰になっている「お山トレーニング復帰」というきっかけになればなぁと思う、

いまこうゆうイベントに取り組んで、もしかしたらウィルス感染及び撒き散らしになる可能性はゼロではありませんが、

だからと言って、何も行動しないと経済の冷え込みも相当な打撃にはなる。

もちろん、イベントに取り組むにあたって、しっかりとした感染対策や人との接触を避けてスタンプラリーを頑張るつもりです。

 

本日はゆっくりペースで多摩湖半周を走る。

多摩湖にも今回のスタンプラリーのマンホールがあるので、さっそくスタンプをゲットしました!

 

 

我が通わせていただいている「多摩湖」がこのスタンプラリーに含まれていて嬉しいかぎりです!

近隣の東久留米市、立川市、小平市もそのうち巡ってみようと思います。

そうそう、久しぶりに現在凍結しているマンホールカード収集もスタンプラリーをきっかけに、

再び集めるのも楽しいかもしれませんね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です