【富士山】昨夜は「第73回富士登山競走」のエントリーがあったが….

Pocket

どうした?富士登山競走!

 

昨日の夜21時に第73回富士登山競走のエントリーが開始されたようです。

お知り合いから「エントリーした?」とメッセージが届いて気づきました、

過去2回山頂コースに挑戦し、2回とも無事に完走、初挑戦時は4時間切りも達成!

昨年から富士登山競走は前日受付に変更され、今年から五合目ヘルメット着用義務化とのこと、

自分としては木曜・金曜と連続して休むのは非常に厳しいということもあり、

今年から「富士登山競走はもういいかな?」と思っていました。

まあ「標高3000m差を一気に登るレース」というのは日本でこのレースだけなので、非常に面白いんですけどね!

 

で、ブログを書くにあたり昼頃に富士登山競走のホームページを覗きに行ってみたところ、

なんと、まだ山頂コースにエントリー出来る状態に驚きました。

どうしたよ?あの富士登山競走でしょ??

確か昨年なんて21時のエントリー時点で瞬殺だったじゃないスか???

推測の話になってしまうのですが、

 

  • コロナの影響を懸念してスルーしている
  • 山頂挑戦権の2時間20分を越えているランナーが少ない
  • レース本番が7月17日(金)なので休みにくい
  • 人気が無くなっただけ
  • ヘルメット着用に納得いかない!
  • 前日受付に行くのが難しい
  • 天候が読めない

 

ここらへんかな?

昨年と今年の違いと言えば「ヘルメット」が真っ先に思いつく、

そこまで嫌なものかな?

一昨年、五合目から山頂まで被って登ったけどきにならなかったぞ!

 

一方、五合目は例年通りに早く埋まってしまったそうです。

五合目は毎度募集人数少ないですからね…、

明日の18日21時までエントリー受付中なので「やっぱり出場するか?」と思った方はチャンスだと思います。

この春先はコロナでレースが軒並み中止、

この騒動の終息が見えないかぎり夏のレースも判断できないのもわかります、

開催されるかわからない状態で、高いエントリー費払って「中止」になり返金無しはキツいよね、

やはりコロナの終息がある程度わかるまで様子見が多いのでしょうか…

 

東京新聞に記事にイベント再開に対しての今後の見解が書かれていました。

 

イベントの自粛要請に関しても、全国一律は基本的に解除した上で、再開する際には、換気の悪い密閉状態を避け、人々を密集させないなど十分な対策を取るよう主催者に求める。

 

東京新聞の記事のようになれば、4月以降からレース再開の目途が出始めそうですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です