【週末】先週に引き続き今週も外出自粛に徹する②

Pocket

VS. パンパスグラス

 

昨日の予告通り本日は走りに行かず休養にする。

本日は苗作りなどの野良仕事に徹しようと考えていたのですが、

家の者から畑に生えているパンパスグラスを除去して欲しいとの依頼が入りました。

 

パンパスグラスとは何ぞや?

 

 

写真に映っている「巨大なススキ」みたいなものです。

ここら辺ですと埼玉県秩父市にある「道光寺」がパンパスグラスで有名です、2017年10月に見に行ったことがあります。(その時に撮影した写真)

 

ある日、家の者が知り合いからパンパスグラスの苗をもらってきたようで、

畑の隅に植えておいたところ年月が経過することに巨大化、

いまでは通り道の邪魔になってしまっているとのことで取り除いてほしいとのことです。

 

なかなか風情があるし残しても良いかなと思っていたのですが、

「他の方々のご迷惑になるならば致し方ない」

と思いさっそくパンパスグラスの除去をすることにしました。

 

このパンパスグラス、葉っぱが笹みたいな硬質素材で出来ており、

素手でやろうものなら手のひらは血だらけになるのは必至、

軍手を着用し、まずは刈込鋏で長い枝を切る、

短くなったところで今度は茎をノコギリで切りました。

意外に密接して育っているので切りにくいこと…、

すぐ終わる作業かと思いきや時間が掛かってしまいました。

 

 

途中経過を写真に撮ればよかったものの、

すっかり「刈る作業」に夢中になってしまい全て切り終わった跡の姿です。

刈る前は物凄い量の枝葉で大変だったんですよ!

 

これにて完了!

 

となりたいところとなのですが、放置するとすぐに「再生」するとのことなので、

根っこを掘り起こして完全終了となります。

引き続き「根っこ除去作業」をやり始めたのですが、

自分は虚弱なボディと腕力の持ち主なもので、手に握力が無くなってしまい、中途半端ですが本日はこれにて終了です。

走るより疲れました。上半身も鍛えないとです。

 

根っこ除去作業の行程は、

まずスコップで周囲を掘り起こし、周りの根っこの切断していき、徐々に中心に近づいて行くのが基本、

ちょいとやってみたのですが、草なので木に比べれば切断しやすい根っこなのかなと思いました。

こうゆう時は「根っこ切断機」があれば楽なんですけどねー、

物置を捜索するも行方不明、手作業でやるようかな?

 

 

除草剤とも思ったですが、除草剤は土に大ダメージを与えしまうので却下、

特に畑で使用するのは自分としては良しとせず、スギナ等の地下茎を除去する時のみ使用します。

 

つくしとスギナの違いは?実は農家の天敵、超厄介な雑草だった ...

『スギナ』

スギナを除去するならば、やはり「ラウンドアップマックスロード」ですね!

地下茎及び除草剤の最強と思っています。スギナを除去するにはパワーシャベルで畑全体を掘り越さないとダメなものです。

 

 

今日は以上の感じで一日終了となりました。

まあ「走れない、山行けない」でも何だかんだでやることはある!

知り合いのランナーもこの機会に野良仕事に精を出している人が多いこと…、

まあ、事態が落ち着くまでは他の作業で頑張るのも良いですね!

しかし、

戴いてきた「パンパスグラスの苗」なのですが、聞くところによると当初は茎が1~2本しかなかったとのこと、

植えて暫くしたら一気に増殖しいまに至ったとのことです。

何と言うか、植物にも現在のウィルス拡大と似たところあるのだなぁと思いました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です