終息の兆しが見えない

Pocket

特に書くことが思い浮ばず…

2~3個ほど思い浮ぶネタはあるのですが頭の中で文章化出来ずです。

 

日々のジョギングもマスクを着用してのランが浸透しているけれど、

「まだ走れるだけマシなんだな」と思った場面に遭遇しました。

 

後にブログでじっくり書きたいので触りだけ書くと、

いつものジョギングの途中で他の競技の人達に遭遇、

コロナにより施設が使えない状態でどのように工夫してモチベーション、パフォーマンスを維持出来るのか?

試行錯誤している現場にたまたま足を踏み込んじゃいまして、大変よ!

ほぼ若者でさ、熱意と情熱に満ち溢れている若者連中がよ、

コロナによりまともなトレーニングを出来ないのが厳しいなと、

まあ明るい連中でね、最後に「一緒にやりませんか?」なんて言ってくれたのよ、

無理だよ、ジジイがこれからボクシングなんてさ!

 

コロナが収束すればジム練が出来るらしいけど、

現状では終息の兆しすら見えない状態がまだまだ続いて行くと思う、

こうゆう未来ある若者達のためにも早いとこ終わってほしいけど、

連休中から既に緩み始めた世間の風潮を目の当たりにするとさぁ、本当、先行きが厳しいよね、

全然、触りで終わらなかったかな?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です