【自作】スプレッドシートで自作「トレーニング記録」を作成してみました。

Pocket

無念、JogNote終了が尾を引いている

 

3月末でサービス終了となってしまったJogNote

 

日々の記録を綴るのに利用させていただけに「サービス終了」には落胆致しました。

後継サービスはあるものの、今後、やはり同じようなことがあるかもしれないので、自分でも日々のトレーニング記録を付けれるモノを準備した方が良いと思い、Googleドキュメントにあるスプレッドシートを利用してトレーニング記録を自作してみました。

 

 

スプレッドシート入門

とりあえず作ってみたのがコチラ!

 

TOP画面をカレンダーにしているのは『自分の走っていない状況(サボリ状況)を認識する為』です。

休養が連続しているときの危機感がリアルにわかるのは心理的に堪えるようにしています。

あとはジョギング、トレラン、ウォーキング、バイク、累積標高などの実施したトレーニング状況を色別判断出来るようにしてみました。内容、距離、色については自動入力ではなく手入力となっています。

 

画面横にある「+」(グループ化)をクリックすると「各種目の項目」「天気」「健康管理」「日記」が表示されます。

 

 

「天気」は晴れ、雨、くもり、雪、台風までを完備!あと猛暑とか雹(ひょう)を加えようか検討中です!

 

「健康管理」では我が家で利用しているオムロン 体重・体組成計にて表示される項目を入力出来るようにしてあります。

体重、体脂肪率、内臓脂肪率、骨格筋率、体年齢、基礎代謝、BMIを記録出来るように作成しました。

 

「日記」はそのまんまでトレーニング内容を記録するだけなのですが、word基調に入力出来ないので、改行や折り返しのとき不便です。何か良い方法ないか模索中です。

 

「各種目(ジョギング、トレラン、ウォーキング、バイク、)」の横にある「+」をクリックすると、詳細入力する項目が表示されるようになります。

 

「内容」「時間」「距離」を入力、もちろん平均ペースの計算も完備。関数を導き出すまでが大変でした。

使用しない部分を消去しセルを結合すれば写真を貼り付けることも可能(1枚のみ)、インターバル走やペース走などの詳細画像を貼り付けることも出来ます。

ここで入力した距離が総距離に反映され、その後、トップ画面の距離画面に蓄積されるようになっております。

 

トレラン、ウォーキング、バイクの項目もロードと同じ設定に作ってあります。

 

 

以上のように「トレーニング記録をスプレッドシートで作成」してみました。

エクセル知識ほぼゼロからの作成だったので仕組みを理解するまでが大変、以前の職場にて前任者が作成した「給与計算表」を手本に思い出しながら作っただけなんですけどね、、、

まずは頭で完成図と手順をイメージし、適宜調べて最適な方法を模索して作業開始という感じです。

 

特にこだわったのがTOP画面にカレンダーを表示すること、画面をスライドさせずにカレンダー全体を画面に表示させるように心掛けました。

ズームをあと25%アップしても「幅」はギリギリ画面に納められるのですが、「列」は少しはみ出してしまいます。「幅」が大丈夫なら「列」は多少妥協しても良しとしました。

ズーム+25%アップはこんな感じです。

 

あとこだわったところは”1シート内でその月の出来事を全て納めること”です。

これさえ出来れば、以後、原本を複製すれば使い回しでOKです。

1シート内で全て納めることにこだわったので詳細入力部分が小さくなってしまいました。入力時は画面をアップしないと老眼には厳しい設定になってしまっております。

こうゆうモノを作るときは「他人が使用することを考えながら作る」と楽しいですね!

 

ちょこちょこ手直ししながらその都度使いやすいように随時使用中、大幅に作り直すことは無くなりました。

あと気になっているのが、スプレッドシートの右端にある「共有機能」

 

 

まだ仕様方法を理解していませんが、JogNoteと同じような機能があれば、かつてのJogNote仲間達との情報交換が復活出来るかもしれないですね、自分のコレを使ってみたいかはわかりませんが、、、

 

スプレッドシートを使用して模索しながら自作「トレーニング記録」を作ってみて、

この作成を通して「スプレッドシートの使い方」がよく勉強出来たと思います

エクセル初心者から見習いぐらいまでにはレベルアップ出来たかな?

そのうち「年間健康管理グラフ」とか「年間総合計表」なんかも気が向いたら作ってみたいと思ってます。

まだまだ未知な機能がありそうなので、引き続き勉強しないとです。

はじめてのGoogle スプレッドシートの教科書2020 Google アプリの教科書シリーズ2020年版

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です