【勉強】遅いけどいまさら「アルコール消毒液の作り方」を勉強する!

Pocket

 

いまさらながら「アルコール消毒液の作り方」を勉強する。

良いのか悪いのかわかりませんが、自分はいつも「購入する」よりも「自作出来るかな?」という考えが先行してしまいます。危ない考えですね。

 

自分の頭の中をまとめると、

  • 自作が出来るか出来ないか?
  • どんな素材・材料で出来ているのか?
  • コスパはどうなのか?
  • 自作に対して危険度はどれぐらいか?

そういった知識を少なからず学んでおくことも、いずれ役に立つ事があるかもしれないので知っておいても無駄にはならないんじゃないかと思ってます。

 

さっそく「アルコール消毒液 作り方」と検索してみると色んな検索結果が出て来たのですが、その中でも自分が理解しやすかったのが㈱ナチュラルファーマシー ファミリー薬局さんの「消毒液の作り方」です。

 

「消毒用エタノール」と「ハイターを使った次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方」の2つに分類されているのですが、自分が知りたいのは手の消毒用なので、今回は「消毒用エタノール」だけメモっておこうと思います。

どうやら「無水エタノール」「エタノール(局法品)」という2つの作り方がある模様、

※エタノール(局法品)は引火しやすいとのことでパス、(自分は)安全性の高い無水エタノールのみの作り方だけ知れればでOK!

 

●必要な物

  • 無水エタノール 400ml

 

  • 精製水 100ml
【作り方】

1.無水エタノールを400ml入れる

2.精製水を100ml加える

3.混ぜる

作り方は以上の3工程で出来上がりとのこと。思った以上に簡単だぞ!?

 

現在は無水エタノールは在庫品切れみたいです。

ただレビューを拝見するとキャップが既に開いていたり、内容量が少なかったり、定価よりも3倍ぐらいの値段が付いているようです。コロナ以前の価格は1,200円ぐらいなのかな?

やはり、まだインターネットでのこうゆう商品を購入するのは怖いですね、返品不可対応もあるらしいので、気をつけないとです。ドラッグストアで購入する方が良さそうです。

自作でも無水エタノールの購入が既に財布に優しくなさそう、無難に事態が沈静下して価格が下落したときに既製品のセールを狙った方が安上がりになりそう。当分、価格は崩れないと思うけど。

 

まあ、勉強になりました!

これからドラッグストアに行ったときは商品をマメにチェックしようと思います。

それにしても東京都の感染者数が昨日47人で今日は48人とのこと、

 

こうゆう流れになるだろうなと思ったら案の定ですね、

引き続き各々の用心がまだまだ必要になってきそうです、自分としては第二波・第三波は来るだろうと思っています。特に冬はコロナが再び活性化し危険度が増してくるだろうし、乾燥期に突入したら再び「緊急事態宣言」なんかもあり得るのかなと予想してます。

今日みたいな感染者数が今月続くようであれば来月復帰予定の山修行も考え直す感じかな?

まあ、いまは修行よりも冬に向けた対策やら用意をすることが大事かもしれないですね、、、

 

一応、販売されている物もあるようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です