【特訓】早ね早起き、1週間経過…

Pocket

 

コロナ禍の影響により、すっかり夜型人間になってしまった自分、

「遅寝遅起」という現状を打破すべく就寝時間を3時間早め早起きすること1週間が経過、

昨日は迂闊にも午後に昼寝をしてしまい夜はなかなか寝付く事が出来ず…

今朝は朝6時30分ぐらいの起床になってしまったものの、昨夜を除けばこの1週間はほぼ朝5時ジャストに起床出来ております。

 

「早く起きて何してるの?」

 

こう思う方が大半だと思いますが、

まず、寝ぼけながら我が家の「ミニ菜園」の手入れ・収穫などに取り組み、あとは朝刊をじっくり読む(興味のあるところだけ)という感じです。雨の日は朝刊だけ。

今朝は少しだけ雨が降る程度だったので、また「つるなしいんげん」を収穫しました。あと1回で収穫ラストかな?

 

 

早寝早起きの習慣化の真の目的は「早朝ラン」が出来るようになること、

これから本格的に暑くなるにつれて、日中や夕方の時間に走りに行くのは蒸し暑く、炎天下の中で走りに行くのは非常に酷な時期となります。

夏の時間で一番涼しい時間帯である朝4時~朝7時に走りに行きたいところですが、

過去に幾度となく早朝ランを試みたとこと、高確率で腹痛になったり、ハンガーノックになったりで散々だった思い出があります。

当時は起きてすぐに走りに行っていたので、おそらく早起きの習慣化と体のリズムが上手く整っていなかったと思うので、その反省を込め、まずは早起きに慣れることから徐々に初めていってます。

 

しかし、生粋の夜行性がいきなり早起きは慣れんものよ、

いまのところ、頭や体が動き出すのに1時間ぐらい掛かるし、日中が眠くてたまらん!

第2回FTR100に出場した時も、朝5時スタートがとても眠く、半分寝ながらロードを走ったり、武甲山を登ったりりでイマイチだった思い出がある。結局、第3エイド(35kmぐらい?)の名栗まで完全に目が覚めなかった気がする、その後、第5エイド(飯能)に向かっている最中に事故が起きて中止になりました。

まあ、それぐらい早起きが苦手な野郎です。

 

『まだ1週間されど1週間経過』

とりあえず今週どこかで1日だけ「早朝ラン」にチャレンジしてみようと思う、

多摩湖1周と行きたいところですが、いきなり1周は撃沈必至だろ思うので10kmぐらいからチャレンジ予定、腹痛が大丈夫なようにトイレ目指して走るよ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です