【勉強】2020年度秋の予定!

Pocket

2020年秋の予定

おそらく年内のレースはほぼ無いと予想、

出場しようと思っていたハセツネも中止、昨年~一昨年も出場した年末の所沢シティマラソンもおそらく中止濃厚だと思っています。

その他のレース、八峰、武田の杜、FTR、みたけ(コレはわからん)も、おそらく開催は難しいだろう、

状況が状況なので「中止」になるのは自分としては別に構わないのですが、例年だと年内はレース予定が多々あったのが今年はゼロ、年内まで「どーするよ?」という状態に陥っています。

 

そこで考えた、

 

ここ数年の秋のスケジュールは「ハセツネ」だったのですが、既に中止が確定している今年はハセツネの時期に出来なかったことを今年はやろうと閃きました。

 

真っ先に思いついたのが「宅地建物取引士資格試験」

https://www.retio.or.jp/exam/exam_detail.html

 

実はこの試験は過去何回か受験したことがあります。

この試験は毎年10月第3週頃に試験があります。

ハセツネは10月第2週に開催、宅建物取引士試験は10月第3週と近く、この時期は例年ハセツネに夢中なので、ここ最近は全然受験しておりませんでした。

前職が不動産を少し扱っていたり、大学時代にも何回か受験したことがあるのですが、毎度ダメダメの結果ですべて不合格です。総受験数10回は越えてないと思うけど、それなりに「宅地建物取引士資格試験」は受験しておりました。

記憶のある中で一番初めに受けた年はおそらく「世界同時多発テロ」が起きたとき(2001年)だったかな?もう19年前の話かよ…

自分はどうも『試験』というモノが非常に苦手、自分の好きな事や興味のあることには頭脳が150%ぐらい動くのですが、どうもこの手の試験はダメなんですよね、トレランの戦略や歴史関連(世界史・日本史)や寺社仏閣などは興味が湧くので大丈夫なんですけど、、、

今年はハセツネも無いので、過去ずっと連敗し続けている「宅地建物取引士資格試験」に合格して決着をつけようと思い立ちました。

 

ちなみに本日(7月1日~15日)が「宅地建物取引士資格試験」のエントリー日です。

 

先ほどインターネットにて既にエントリー完了!あとは試験料7,000円をコンビニで振り込めばOKです。

過去何度も受験しているので試験までの「やるべきこと」はだいたい理解しているつもり、民法、宅地建物取引業法、借家法などが受験範囲だったと思う、

ただ、この数年間でかなり法改正はあったと思うので、テキストを購入してイチから知識を叩き込まないとです。これが辛いのよ、もちろん独学チャレンジです。

しかも、いつの間にか「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引取引士」なんて名前に変更していたとはね。驚いたよ!

 

試験まであと約3カ月ほど、

宅建の範囲はそこそこ広いので勉強時間が足りるか心配なのですが、まあ、長きにわたる因縁の相手に『完全決着』をつけて終わらせてやりますよ!そして来年からスッキリした気持ちでハセツネに再び挑みたいと思います。ただ、まずは参考書買わないとですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です