【レース】中止に次ぐ中止で気が萎える

Pocket

中止禍

本来であれば一昨日(17日)は第73回富士登山競走だったんですね・・・

 

御存じだと思いますが、

今年の富士登山競走は新型コロナウイルス感染拡大防止の為に5月1日に『中止』が決定しました。

中止の判断を決断してから約2か月、

事態は少し良くなっているのかと思いきや、一度抑え込んだ感染拡大は感染再燃の現状、

東京都なんて新規感染者がもうすぐ300人に行きそうな勢い、

今日なんて感染公表が少ない日曜日にも関わらず188人も新規感染者が出たようです。我が街も2人ほど増加したとのこと。

 

まだまだ終わりが見えそうにないですね、

緩和が進めば再び広がるとは思っていたけど、これほど早く戻るとは・・・いや、さらに拡大するとはです。

こういう記事を書くと気が萎えてくるので書かない方が良いのですが、

今日も多くの人の往来を家から眺めていると「まだまだ収束に時間が掛かりそう」と思ってしまったもので、

 

来年(2021年)1月31日開催予定だった第69回勝田全国マラソンも中止を決定したとのことです。

【第69回勝田全国マラソンの開催中止について】

https://katsutamarathon.jp/wp-content/uploads/2020/07/announcement.pdf

 

半年後の勝田マラソンも既に開催を諦め中止とはね・・・

来春のレースもいよいよ黄信号が点滅し始めてきたと思う、

確か今年の青梅マラソンや熊本マラソン開催の翌日から「中止」が相次ぎ始めたんだよなぁ、

青梅マラソンも来年(2021年)の開催を悩んでいるご様子、

 

青梅は2月中旬なので、青梅マラソン以降は一巡完了してしまうのか?二巡目もあり得る話になってきてるぞ!

いまいちど自分自身の日常において、これ以上の被害拡大を防ぐことに再考しないといけないかもですね、

他人との接触が他の競技よりも接しやすいマラソン・トレランの再開はいつになるやら・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です