コンポスト内の黒い生物と外秩父中止

Pocket

コンポスト内の黒い生物

5月~6月頃に設置したコンポスト1号機ごみ処理機)、

 

大量のウジ虫が湧き容量も満杯になったので、最後に大量の米ヌカと土を入れ地熱によるウジ虫退治と土壌を熟成させる為に以後ずっと放置をしていました。

梅雨が明けて久しぶりに中を確認したところ、生ゴミもウジ虫も全て無くなり上質な黒土が完成していました。

※設置した場所に大量の「蚊」がいるため写真撮影しておりません!

 

出来上がった黒土をスコップでかき混ぜていたところ、黒い大きな虫の姿がうごめいている姿を発見!

大きいサイズのハエ?それともゴキブリ??

おそるおそる確認してみたところ・・・

 

 

なんと!メスのカブトムシorクワガタの成虫でした!!!

生ゴミを投入していたときに小さい幼虫が何匹かいたのは知っていたのですが、ここまで大きく成長していたことに驚きました。元気一杯で力強く動き回っています。

生ゴミ(エサ)と暖かい土壌(環境)により逞しく成長したと思われます。これは俗に言う極地巨大化現象と似て非なる物があるのかもしれませんな・・・

そんなことよりも自分の作った「土」が成功していることが嬉しいですね!今後の花・野菜作りが楽しみです。

ちなみに、カブトムシorクワガタの成虫は、甥っ子達の鑑賞用に捕まえて虫かごの中に入れて置いたのですが、一日経過してから元のコンポスト内に戻しておきました。世話をするのが面倒な為です。

 

 

話は替わり、

2020年9月27日(日)開催予定だった「第8回トレニックワールドin外秩父 50㎞ & 43km」が中止となってしまったとのことです。

つい1週間ほど前、混雑を避ける為にロング50kmは「中止」とし、参加人数を減らしてミドル43km350人のみという発表があったのも束の間、

 

昨日、大会そのものが「中止」となってしまったようです・・・

 

文章を読むと中止要請が入ったとのこと、おそらく行政からなのかな?

東京及び周辺地域の最近の感染状況を考慮すると「やっぱりダメ」となるよなぁ、

楽しみにしていた方の心中をお察し致しますが、主催者側の考えに考えてのレース開催が「無し」になったことを思うと無念でなりません、

「外秩父」は一度だけ出場したことがある大会、

コースレイアウトも強度もレベルが高く「これぞトレラン大会」という面白さを感じました。

今年は中止とのこと、来年無事に開催されると良いですけどね・・・

 

また感染者が増加してきて再び混沌としてきている状況、

昨日「ちいさなUTMF2020」開催とFaceBookにて拝見しました。

 

11月開催決定とのこと、約3カ月後、

外秩父への「中止要請」みたいな前例があるので油断は出来ないすね・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です