【早起き】酷暑の時期でのランニング対策を考える!

Pocket

言うは易く行うは難し

久しぶりにワークマンに行ってみたところ本日は休業日でした。

ワークマンも休業日ってあるんですね、てっきり年末年始以外は年中無休かと思っていました。

休業日なのは残念でしたが、こうゆう小さな店もしっかり休みがあるのも大事だなと思う。

 

 

昨日一昨年の2日間まさかの「ノーラン」という結果、

一昨日はその前の日の多摩湖一周ランのダメージが思いのほか残ってしまい休養。

昨日はなかなか走りに行くタイミングが作れなく、ようやく解放されたと思ったら”変な気疲れ”が発生、以後、走る気力無くノーランで終わり。

 

この2日間の休養は今月も月間300kmを目標としているが、

現時点(18日)で月間走行距離は約140kmほど、

「1日10km走る」と考えると既に-40kmほどの借金を抱えている状況です。

 

 

う~む、やはり毎週末にロング走を実施していないのがかなりの痛手!

「衰え切った体力」と「灼熱炎天下の季節」では非常に厳しい、

しかし、今年もだけど年々「暑さ」が厳しくなってきていますなぁ、

 

JoggFILEの知り合い方々も夜に走られているみたいですが、自分と同じく暑さに苦戦されている模様、

暑さ対策を万全にしてロング走をしたいところですが、そもそも「この暑さに勝る対策ってあるの?」と思ってしまう、

暑さ対策を考えるとなると、いまの時期一番良い方法はやはり「早朝ラン」しかないのかなと、

今日の感じだと朝4時~朝7時ぐらいまでならノーダメージで走れそう、ただ、何度も書いているけど早起きが出来んのよ、何度挑戦しても失敗で終わる。

過去、数度「早朝ラン」を実施したことがありますが、ハンガーノック、腹痛、睡眠不足などで撤退したことあり、

週末久しぶりにチャレンジしてみようかな?

まずは多摩湖20kmで様子見だな、目標は朝3時30分起床、早朝4時スタート!

『言うは易く行うは難し』

この諺どおりになると思うけどね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です